この星の格闘技を追いかける

【KSW41】試合結果 ベルト剥奪クレベルがリベンジ成功。ソルディッチが新ウェルター級王者に

KSW41【写真】タイトルを失ったクレベルだが、タフファイトはRNCでしっかりと勝ち抜いた。そして新ウェルター級王者にソルディックが輝いた(C)KSW/SEBASTIAN RNDNICKI

23日(土・現地時間)、ポーランドのカトヴィツェにあるスポデク・カトヴィツェで東欧最大のMMAプロモーション=KSWの41度目の大会、KSW41「Mankowsuki vs Soldic」が開催され、日本から出場したクレベル・コイケは計量失敗でフェザー級王座を剥奪され、ノンタイトルの5Rマッチでアルトゥル・ソウィンスキと対戦した。

打撃戦の印象で遅れを取ったクレベルだが、あまり寝技に付き合わないソウィンスキが組んできたところで前転からガードを取り、即シングルレッグを仕掛けてバックへ。そのままRNCに持ち込んで一本勝ち。禊のファイトでタップを奪ったクレベルはKSWフェザー級タイトル戦線のトップに留まることができている。またメインではウェルター級王者のボリス・マンコフスキーが3R終了時点で試合続行不可能となり、クロアチアのロベルト・ソルディッチが新チャンピオンとなっている。


KSW41 「Mankowsuki vs Soldic」
<KSWウェルター級選手権試合級/5分5R>
○ロベルト・ソルディッチ(クロアチア)3R終了時
TKO
×ボリス・マンコフスキー(ポーランド)
<ヘビー級/5分3R>
○トマシュ・オズウィエンチンスキ(ポーランド)2R1分58秒
TKO
×パベウ・ラク(ポーランド)
<フェザー級/5分5R>
○クレベル・コイケ(ブラジル)3R3分56秒
RNC
詳細はコチラ
×アルトゥル・ソウィンスキ(ポーランド)
<フェザー級/5分3R>
○マルチン・ロゼク(ポーランド)3R
判定
×ロマン・ジュマンスキ(ポーランド)
<ヘビー級/5分3R>
○ミハウ・アンドレシャク(ポーランド)1R0分26秒
KO
×フェルナンド・ロドリゲス(ブラジル)
<ミドル級/5分3R>
○ダミアン・ヤニコフスキ(ポーランド)2R2分33秒
TKO
×アントニ・シミレフスキ(ポーランド)
<ライト級/5分3R>
○グシェゴシュ・ジュラコウスキ(ポーランド)1R3分33秒
ヒールフック
×カミル・スミゾウスキ(ポーランド)
<フェザー級/5分3R>
○サラディーヌ・パルナス(フランス)3R
判定
×ウーカス・レウツキ(ポーランド)
<ライト級/5分3R>
○グラチアン・サジンスキ(ポーランド)1R4分59秒
TKO
×マチェイ・カジェスコ(ポーランド)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY