この星の格闘技を追いかける

【Pancrase291】打ち負けていなかった奈良貴明だが、高木健太に判定では30-27もつき競り負け

<ウェルター級/5分3R>
高木健太(日本)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
奈良貴明(日本)

右フックに続き、左ストレートを伸ばす高木。奈良は右ミドルを返す。サウスポーの高木に右ハイを狙った奈良には左ローを蹴られても、右回りで左ジャブ&右の蹴りを続ける。高木は証明に回って距離を詰めると、逆回りで奈良は間合いを外す。高木は左ローを連続で蹴り、右フックから組んでいく。離れた奈良は左を被弾した直後に右を当ててフラッシュダウを奪う。

立ち上がった高木が右を入れ、パンチを受けながら前に出る。奈良も右に続き、左フックを当てるなど打ち合いでも負けていない。奈良は右ハイを顔面に当て、高木が組んできても体を入れ替えて細かい右のパンチを入れる。小外掛けテイクダウンを狙った奈良は、離れてハイキック、続いて右をヒットさせジャッジ2名の支持を取った。

2R、右リードアッパーで距離を詰めた高木。奈良の組みを潰して、左ミドルを蹴り込む。さらに右フックを高木は当てると、ヒザ蹴りを突き上げる。勢いを増す高木は左ストレート、左ロー、やや息が荒くなった奈良は腰が高くなり蹴りも軽くなってきたか。

それでもワンツーを伸ばした奈良はショートのパンチ、打ち合いのなかで右ショート、ヒザ蹴りを見舞っていく。高木も左を返すが、乱打戦でペースを掴み切れない。右回りの奈良は高木の前進に右、そして飛びヒザを狙う。高木は組みに行くと、体を入れ替えられながらも小外掛けを潰して奈良に尻餅をつかせる。すぐに立ち上がった奈良は、ここを高木に狙われながらも接近戦で打ち負けず、ロングのパンチにヒザを合わせていったが、この回は高木が3票を獲得し、ジャッジ2名がイーブン、1人が高木の2つリードという状態で最終回を迎えた。

右フックを当てた高木、奈良は右ストレートを返す。奈良の右ローに高木は左ローを返し、右ストレートに右フックを合わせていく。奈良も左ジャブから右ストレートを放ち、自ら前に出るように。右から左、さらに右を入れた奈良がテイクダウン狙いからバックへ。

乗り過ぎて高木の体を跨ぐような形でスタンドに戻った奈良は、ガードが完全に下がった標的にヒザ蹴り。奈良は右ミドルから右ストレート、左ジャブを当てる。高木の左ロングをバックステップでかわした奈良は右ハイキック──も、これは空振りに。残り30秒、高木のローに奈良はハイを見せ、右フックを当てる。最後は接近戦でショートフックを打ちあい、奈良がヒザの繰り出したところでタイムアップに。

結果、フルマークが1人のスプリット判定で高木が勝利。ダウンを奪いながら初回を落としたことも結果的には影響がでなかった裁定だが、奈良が勝っていてもおかしくない接戦を制した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie