この星の格闘技を追いかける

【Pancrase291】手堅いロシアンほど厄介なモノはない。冨樫がバフルディノフに判定負け

<ライト級/5分3R>
アジズ・パフルディノフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
冨樫健一郎(日本)

右手前の冨樫、左手を伸ばすパフルディノフが右ローを蹴っていく。離れて右ハイを当ててパフルディノフに対し、冨樫が右ジャブに続き左ストレートを返す。パフルディノフは右ミドルを入れて、右ストレート。左回りのパフルディノフが右オーバーハンドを思い切り振りこむも空振りに。富樫は右ジャブから左を入れて前に出る。パフルディノフが右ミドルから後ろ回し蹴りを狙ったところで、初回が終わった。

2R、冨樫の右ジャブにパフルディノフがダブルレッグを合わせてテイクダウンに成功する。ガードの中でそれほど動きを見せないパフルディノフに対し、冨樫が立ち上がるもケージに詰められた展開が続く。首相撲から右ヒザをボディに突き上げたところで、ブレイクが入る。

左回りのパフルディノフに右ジャブ、左フックを狙う。左ボディを2発入れた富樫だが、パフルディノフも右ハイを返し、重い右ローを見せた。

最終回、素早い右ジャブをダブルで放った冨樫。パフルディノフはダブルレッグで組み付き、スラム気味に叩きつける。そのままトップコントロールを続けるパフルディノフ、冨樫はクローズドから開いて、スイープを仕掛ける。一瞬、背中アをつけたパフルディノフが踏みとどまってトップをキープ。富樫はスクランブルに持ち込んだものの、後方から勢いのあるパンチを連打されタイムアップに。

パフルディノフが3‐0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie