この星の格闘技を追いかける

【Bellator185】ONEから転出のフラトン、ブレインに判定負けしベラトール初戦飾れず

<女子フライ級/5分3R>
リザ・ブレイン(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
アナ・フラトン(米国)

サウスポーのフラトンが左ロー、左ハイ、右ローを繰り出す。ブレインも右ミドル、左ローを見せるが、両者間合いを図る展開が序盤は続く。左ミドルから後ろ回し蹴りを繰り出すフラトンは今度は左の後ろ回し蹴り、遠い間合いでの試合が続く。掛け蹴りとネリチャギの中間のような蹴りを繰り出したフラトンは組まれて、ケージに押し込まれる。体を入れ替えたフラトンをブレイクが小外掛けでテイクダウン、そのままサイドを取る。

右腕を差して立ちがったフラトンに対し、ブレイクはギロチンチョークで待ち受ける。ノーアーム&ハイエルボー・ギロチンは姿勢が窮屈で極まらなかった。

2R、右ローから左ハイのフラトンが、バランスを崩す。すぐに姿勢を立て直したブラトンがブレインの右ミドルをキャッチしてケージに押し込む。ブレインはギロチンを仕掛けつつ、足を引き抜きケージ際のクリンチ合戦に。ブレイク後、フラトンがインサイドローから後ろ回し蹴りを連続で仕掛け、2発目がボディに当たる。左ハイを見せ、前に着地し構えをオーソにしたフラトンは、組み合いのなかでボディロックでテイクダウンを取られる。すぐに起き上がりつつ、フラトンが上を取り返し、ラウンド終了を迎えた。

3R、構えを変えつつ蹴りを繰り出すフラトンが左ミドルを蹴り、続いて左ミドル&スピニングバックキック。ブレインが蹴り足をキャッチすると、フラトンは引き込むように下になる。フラトンはクローズドガードで落ち着いてしまう。左エルボーを落としたブレインが、引き続きエルボーで印象点を変えず。左右のヒジで攻めるブレインに対し、フラトンはクローズドを続け、下から鉄槌を見せるのみ。

残り1分、反則気味の蹴り上げは流されブレインが立ち上がる。時間を掛けて立ち上がったフラトンは、組んだ状態でボディフック。ブレインもアッパーを返し、クリンチのまま試合はタイムアップとなった。結果、ブレインがONEから転出してきたフラトンを下した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie