この星の格闘技を追いかける

【UFN117】気力がスタミナを凌駕。安西信昌、攻める姿勢でジュモーに競り勝つ

<ウェルター級/5分3R>
安西信昌(日本)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ルーク・ジュモー(ニュージーランド)

ステップを使う安西は左ローを見せ、ジュモーは待ち受ける形で回る。前に出てパンチを見せ、続く前進でテイクダウンを狙った安西だが、ジュモーが回ってすかす。右のカウンターを見せたジュモーとの距離を詰めてパンチ、踏み込んで左フックを放っていく安西は右フックにシングルを狙う。

ジュモーが切っても安西は距離を詰めてフックを当てる。ラッシュをかけた安西に対し、ジュモーはケージに押し込む。体を入れ替えて、ヒザを突き上げた安西が右フックを入れて離れる。右から左を振るって前に出るジュモーは、安西の前進にカウンターを当てる。安西は下がらず組み付くと、ジュモーがヒザを放って離れる。当てて当てられる展開ながら、初回は安西のラウンドとなった。

2R、左を見せて組み付いた安西が、尻もちをつかせハイクロッチで持ち上げるもテイクダウンは奪えない。直後に左フックを当てた安西が右を打ち込み、右ハイキックへ。これが空振りになり、バランスを崩した安西だがすぐに立ち上がる。組みのフェイクからパンチを狙う安西は、クリンチ&パンチもやや疲れたか。と、直後にダブルレッグを決めた安西は左に回ってギロチンを無力化させ、細かいパンチを落とす。

枕で固めパスを狙いつつ、無理はしない安西はトップキープを続けエルボー。ジュモーはクローズドに戻す。安西が腰を切ったところで、起き上がった安西。ジュモーはシングルからスタンドに戻り、安西のテイクダウ狙いに右アッパーを打ち込む。さらに右アッパーを続けたジュモーだが、ここも安西のラウンドとなっただろう。

最終回、スタミナが気になる安西はパンチを見せてテイクダウン狙いも、ジュモーがスプロールする。安西は左を当てて左ミドル、ジュモーの右フックにダブルレッグを合わせる。ケージにジュモーを押し込んだ安西だったが、位置を入れ替えられケージを背にする。回って離れた安西に対し、ジュモーが右アッパーを狙う。安西は必死に組み付き、スイッチを狙うなどジュモーがレスリングに付き合ってくると、バックに回り、さらにシングルを仕掛けるなどレスリングで攻める。


放れた安西は右を打ち込み、ジュモーの腰が落ちる。ここでジュモーも粘ってパンチを返してくるも、安西はヒザ蹴り、フックと攻めの姿勢を貫く。クリンチから離れた両者、安西は組み際にヒザをボディに受ける。ジュモーは右ローからフック、ボディフック、そしてヒザを繰り出すが、彼もまたバランスを崩し気味だ。

組み付いた安西は、テイクダウン狙いをリバーサルされバックを許す。胸を合わせた安西は、右アッパーを3発打たれる。組みも交えた肉弾戦は、ここでタイムアップに。判定勝ちを手にした安西は雄叫びをあげ「グッドフィーリング」と叫ぶと涙を見せ、「2年間、毎日練習し英語を勉強していた」と英語で話した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie