この星の格闘技を追いかける

【UFN116】ボクシングのみ──レデットがDWTNCS出身のアンヤウーに判定勝ち

<ヘビー級/5分3R>
ジャスティン・レデット(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ズー・アンヤウー(米国)

DWTNCS出身のアンヤウーが、左右のボディストレートを低い姿勢が放っていく。レデットは左ジャブを伸ばし、その前進を止めに掛かる。ボディを続けるアンヤウーが、右ストレートを顔面に当てる。レデットはジャブから右ストレート、その右がアンヤウーを捉える。ダッキングでパンチをかわしたアンヤウーだが、手数は少ない。レデットのパンチの精度が上がるなか、アンヤウーが右フックを振るう。さらに右ボディストレートを入れたアンヤウー。MMAグローブを付けた、遠いレンジのボクシングマッチは、判断の難しいラウンドとなった。

2R、レデットの左ジャブを頭を振ってよけようとするアンヤウーだが、幾度となく被弾する。ジャブ&フックから、右ストレートを狙うレデットに対し、アンヤウーはやはり大きな右フックを繰り出す。左フック、ジャブを被弾するアンヤウー。こうなると、右ストレートを当てられるのも時間の問題か。

これはMMA、劣性になりつつあるなか、局面の打開はボクシング以外でもあるはずだが……。それでもアンヤウーは右アッパーで前に出て、フックを狙う。レデットはその後もジャブを続け、アンヤウーが疲弊してくる。残り30秒ほど、互いに手を出さず観客がブーイングを送った。

最終回、アンヤウーがワンツーで前に出る。2度コンビネーションで下がったレデットは、左ジャブのみで立て直す。アンヤウーが前に出ると、サークリングで捌き切れないレデットは、前進が止まるとジャブを繰り出す。それを被弾するアンヤウーが、前に出て真っ直ぐ下がるレデットに右を当てる。左右にステップを踏むレデットにアンヤウーが右オーバーハンドもブロックされる。ステップ&左ジャブのレデットに対し、最後にアンヤウーがラッシュを掛けるも、足がついていかない。そのまま試合はタイムアップに。

テイクダウン、蹴りがない試合は──それでも、アンヤウーを支持するジャッジが1人出てレデットのスプリット判定勝ちという結果となった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie