この星の格闘技を追いかける

【AJJC2017】ルースター級は、またも残り10秒から最後の一山。芝本が橋本のスイープ凌ぐ

Shibamoto vs Hashimoto【写真】力を確実につけている橋本に、この勝ち方。芝本、健在(C)MMAPLANET

8(金)に始まり、10日(日)に幕を閉じたアジア柔術選手権2017。9日(土)に行われた黒帯の部トーナメントを軽量級中心にレポートしたい。まずは僅か2試合ながら白熱の攻防が繰り広げられたルースター級から。


03<ルースター級準決勝/10分1R>
橋本知之(日本)
Def.6-2
澤田伸大

01今大会前にIBJJFより、ルールの施行の徹底化が審判団に伝えられ、これまでダブルガードの攻防の際、相手の道着をしっかりと掴まずに尻餅をつく行為が流されていたが、この点が是正され、徹底されるようになった。膠着も同様により厳格に判断がくだされるようになり、橋本と澤田にもペナルティ1が与えられる。

02ダブルガードの攻防から起き上がった橋本に2Pが入る。果敢に澤田が腕を取りにいき、橋本がカウンターでバックを狙うなど、激しい鍔迫り合いが続くなかで、互いにスイープのポイントを加算し、4-2の状況に。

試合がスタンドに戻り、澤田の引き込みに合わせてテイクダウンPを加算した橋本が6-2とリードを広げる。残り3分、パスを仕掛けて澤田の反応にバックを伺う橋本。澤田もシッティングに戻し、腕をとりにいくが橋本は許さない。そのままタイムアップとなり、アジア選手権では3年連続、黒帯ルースター級決勝は橋本×芝本となった。

04<ルースター級決勝/10分1R>
芝本幸司(日本)
Def.2-2 A1-0
橋本知之(日本)

05試合はダブルガードでスタートし、橋本が尻を取りに行く。と、この試合もここでルーチが入り両者のペナルティが与えられる。続いて下を選択した橋本がデラヒーバフックからストレートフットロック、アドバンを得ている芝本がこれを解除し腰を担いでいく。

煽られてもバランスをキープする芝本に対し、橋本はクローズドガードを選択し、右腕をウィザードで捉える。ここからオモプラッタへ。

06芝本は立ち上がって、振り落しにかかる。左手で芝本の襟を引きよせて、そのままオモプラッタを続行する。再び立ち上がった芝本は、今度は腕を抜くことに成功。

ここから横回転の激しさを増した橋本が尻を両手で取りにいき、起き上がりスイープで2点を先行する。

07内掛けで橋本の左足を捉えた芝本が揺さぶり、尻餅をつかせる。橋本も粘って足を遠ざけるも芝本は右足のズボンの裾を引きよせ、橋本が起き上がって来る力を利用して前方回転させるように上になり同点。

08残り1分間、橋本は立ち上がった芝本の右腕を取ってハイガードからオモを狙う。さらに三角にも、腕関節にも狙えそうな状態を創りつつ、右腕にぶら下がるように両足をクロスする橋本は腕を抜かれると、シッティングに戻りデラヒーバへ。

スタンドをキープして尻を取らせないようにした芝本を思い切り煽って、スイープを仕掛ける。半身で着地して、即立ち上がった芝本が、足を引きよせて立ち続け昨年の雪辱を果たし、アジア王者に返り咲いた。

■AJJC2017黒帯ルースター級 リザルト

【ルースター級】
優勝芝本幸司(日本)
準優勝橋本知之(日本)
3位澤田伸大(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie