この星の格闘技を追いかける

【Pancrase289】勝負所で前に出た上田将竜が小川徹にスプリット判定勝ち

<フライ級/5分3R>
上田将竜(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
小川徹(日本)

間合いを測るなか、遠目の距離で上田はハイを見せる。小川はローを返し、右ジャブを伸ばす。小川の左フックに右ミドルを上田が合わせようとする。左フックを当てた上田に対し、小川は左ストレート。上田が小川をケージに押し込む展開にブレイクが入り、小川の左と上田の右ミドルが交錯。ここで初回が終わり、上田が3票を獲得した。

2R、上田が右ローを当て、小川はパンチを振るってから組み付きドライブ。ケージに上田を押し込んだ小川は左フックを打ち込む。ブレイク後、再び小川が上田を金網に押し込む。2度、3度と態勢を入れ替える両者に再びブレイクが命じられる。上田のダブルレッグを切った小川は左アッパーを狙う。組みからヒザをボディに突き刺した上田が、内股気味の投げを決め、スクランブルでバックに。小川は胸を合わせ、この回も上田が3秒を獲得した。

最終回、右ミドルハイを蹴っていった上田は、左フックに組みついてケージに小川を押し込む。回って離れた小川は、ワンツーを見せてダブルレッグを切る。右フックを入れた小川は、左ミドルを蹴ってテイクダウンに左アッパーを合わせていく。

手駒がなくなりつつある上田に勢いのある左をヒットさせる小川。上田は右を当てるが、小川が左アッパーを打ちこみ、左フックへ。上田のテイクダウン狙いを徹底して切った小川は、態勢を崩しながら小手投げ、そしてシングルレッグをつなげた上田に最後までテイクダウンを許さたかったが、接戦をスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Arzalet

ONE DAY