この星の格闘技を追いかける

【UFN112】エスパルザがTD&トップキープでモロズに判定勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
カーラ・エスパルザ(米国)
Def.3-0:30-37.29-28.29-28
マリナ・モロズ(ウクライナ)

距離を取り、低い姿勢から踏み込んで左ジャブを放つエスパルザ。頭を動かしつつ、右を当て左ジャブなど、同じ踏み込みでエスパルザが続ける。モロズはそこにパンチを狙うも、エスパルザがすぐに下がるために当てることができない。エスパルザはシングルレッグこそ切られたが、続くダブルを抜群のタイミングで決める。モロズはギロチンで受け止め、四の字ロックも窮屈な姿勢で極めることはできない。頭を抜いたエスパルザはエルボーを落とし、盤石のラウンドとした。

2R、飛び込んでパンチを放つエスパルザ。モロズは初回と同じようにエスパルザの前進にパンチを合わせようとするも、容易くはない。逆に右フックを被弾したモロズだが、続くテイクダウン狙いを切る。モロズのワンツーにシングルを仕掛け、ダブルに移行したエスパルザ。

ケージを背にオーバーフックで切ったモロズだが、打撃戦で攻勢に出ることができない。と、続くワンツーにダブルレッグを合わせたエスパルザが見事なテイクダウンを決める。ケージを背に立ち上がろうとしてモロズに後方からパンチを入れたエスパルザが、この回も取った。

最終回、モロズの前蹴りをキャッチしてテイクダウンしたエスパルザだが、寝技には移行せず。つまり立ち技でも問題ないと判断したエスパルザは飛び込んでショートのワンツー、モロズの左ジャブにダブルレッグを仕掛けるも、これは切られる。ダブルから大内刈りを狙ったエスパルザ、ヒザ蹴りがモロズの股間に当たり試合が中断する。再開後、モロズの左ジャブはまたもダブルレッグの餌食に。

クローズドガードと、その中で止まる両者。動けという指示に、手首を取られたエスパルザは肩パンチを見舞っていくが、ブレイクを命じられる。最後の1分、打撃でKOがギロチンで一本しかないモロズだが、すぐにダブルレッグでテイクダウンを許し万事休す。ガードをとるモロズにエスパルザは思い切りローを蹴りこみ、立ち上がってきたところで最後のテイクダウンを決めたエスパルザが、3-0の判定勝ちを決めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie