この星の格闘技を追いかける

【ONE55】ローは全く不発、グラウンドのヒザ蹴りでカデスタムはサッポを逆転KO

<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
ゼバスチャン・カデスタム(スウェーデン)
Def.3R2分18秒by KO
ルイス・サッポ(ブラジル)

サッポが関節蹴りから左ハイ。ケージ中央のカデスタムに右ローを蹴ったサッポが左に回って左ハイ、カデスタムがブロックする。右ローを蹴ったカデスタムに、サッポがワンツーを打ち込み、スピニングバックフィストを狙う。スピニングバックキックは当たりが浅かったカデスタムは左ハイをブロックも右ローは空振りに。右ローを足払いのように決めたサッポが、バランスを崩したカデスタムからトップを奪取する。

ハーフになったサッポはワキを差してカデスタムが上体を起こすと頭を抱えていく。離してパンチ、がぶってヒザを連打するサッポが初回を完全にリードした。

2R、後ろ回し蹴りを見せるが、ローが当たるだけ踏み込めないカデスタム。カデスタムの右ミドルに、サッポは左ハイを返す。右フックに続きヒザ蹴りをキャッチしたサッポがダブルレッグでテイクダウンを奪う。ガードの中からエルボーを落とすサッポ、頭を抱えたカデスタムがブレイクを待った。

残り80秒で試合がスタンドに戻ると、またもサッポが右ローで足払い、カデスタムは崩されてハーフを取られる。ガードに戻すのが精一杯のカデスタムは良いところがなく最終回を迎える。

3R、互いにハイキックを空振りし、サッポがダブルレッグでテイクダウン。立ち上がったカデスタムだが、ケージを背負った状態が続く。ワキを差して支えつり込みのようにカデスタムを倒したサッポがスクランブルでバックへ。胸を合わせて離れたカデスタムは、サッポのテイクダウン狙いを切ってヒザを入れる。ガードを取ったサッポの顔面にヒザ蹴りを続けると、サッポが動きを止め──何とカデスタムが逆転KO勝ちを決め涙にくれた。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie