この星の格闘技を追いかける

【Pancrase287】試合結果 石渡伸太郎5度目の王座─激闘─防衛に成功。朱里は初代ストロー級QOPに

Shintaro Ishiwatari【写真】石渡は序盤の劣勢を跳ね返し、予想以上の粘りも遮断したベストバウトだった(C)KAORI SUGAWARA

28日(日)、東京都台東区ディファ有明で行われたPancrase287。

メインではバンタム級KOP石渡伸太郎が、キャリア最強の相手といっても過言でないハファエル・シウバを相手に魂のタイトル防衛に成功。セミでも朱里がキャリア5戦目にして強豪キンバリー・ノヴァスを被り&ヒザ蹴りで封じ込め、初代ストロー級クィーンの座についた。

日沖発は田中半蔵に14秒KO負け、若松佑弥のKO勝ち、佐久間健太×福島秀和の熱戦、ジャブの冴えは相変わらずの冨樫健一郎×石川英司戦と見所の多い大会となった。

▼WINボーナス
120万円=石渡伸太郎
20万円=朱里


Pancrase287
<フェザー級/3分3R>
○近藤孝太(日本)3R2分59秒
TKO
×平山学(日本)
<フライ級/3分3R>
○廣中克至(日本)3R
判定
×井上皓平(日本)
<バンタム級KOPT/5分5R>
○石渡伸太郎(日本)5R
判定
詳細はコチラ
×ハファエル・シウバ(ブラジル)
<ストロー級QOPT/5分5R>
○朱里(日本)5R
判定
詳細はコチラ
×キンバリー・ノヴァス(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○田中半蔵(日本)1R0分14秒
KO
詳細はコチラ
×日冲発(日本)
<52.8キロ契約/5分3R>
- 三浦彩佳(日本)NC
詳細はコチラ
- タイアニー・ソウザ(ブラジル)
<フライ級/5分3R>
○若松佑弥(日本)2R2分27秒
KO
詳細はコチラ
×古間木崇宏(日本)
<バンタム級/5分3R>
○佐久間健太(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×福島秀和(日本)
<ライト級/5分3R>
○冨樫健一郎(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×石川英司(日本)
<ストロー級/3分3R>
○前山哲兵(日本)3R
判定
×江泉卓哉(日本)
<ネオブラッドTライト級/3分3R>
○深谷誠(日本)3R
判定
×山本雄希(日本)
<ネオブラッドTライト級/3分3R>
○太田裕稀(日本)1R0分27秒
アンクルホールド
×ブラック・コンバ(日本)
<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
○堀江圭功(日本)1R2分37秒
TKO
×手塚勇太(日本)
<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
○藤﨑航汰(日本)1R2分45秒
TKO
×小島勝志(日本)
<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
○鬼山斑猫(日本)3R
判定
×齋藤拓矢(日本)
<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
○木村一成(日本)3R
判定
×直斗(日本)
<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
○髙城光弘(日本)3R
判定
×坂野周平(日本)
<ネオブラッドTバンタム級/3分3R>
○山本哲也(日本)2R1分10秒
三角絞め
×萩原一貴(日本)
<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
○渡辺竜也(日本)2R2分41秒
TKO
×赤崎清志朗(日本)
<ネオブラッドTフライ級/3分3R>
○川端康太(日本)3R
判定
×鈴木千裕(日本)
<ネオブラッドTストロー級/3分3R>
○高島俊哉(日本)3R
判定
×後藤琢也(日本)
<ネオブラッドTストロー級/3分3R>
○松村慶(日本)3R0分27秒
RNC
×御代川敏志(日本)
PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie