この星の格闘技を追いかける

【Pancrase287】右ボディから左フックのコンボで若松佑弥が完全KO勝ち

<フライ級/5分3R>
若松佑弥(日本)
Def.2R2分27秒by KO
古間木崇宏(日本)

サークリングを駆使する若松は、古間木の前進に右を合わせる。腰が落ちた古間木だったが、すぐに立ち上がりいきなり両者の足を止めての打ち合いが見られる。組みから打撃の間合になると、古間木がダブルレッグでテイクダウンを奪う。ケージを背にして立ち上がった若松を古間木がケージに押し込む。ヒザをボディに突き刺した若松、離れた古間木に左ボディフックを入れ、左ストレートにつなげる。

と、右に回る古間木に若松のスピニングバックフィストがヒット。ダウンした古間木はここでもすぐに立ち上がるが、小外掛けでテイクダウンを奪わる。すぐに立ち、逆にダブルを決めサイドを取った古間木はエルボーを連打したものの、この回は若松が取った。

2R、ローを蹴っていく古間木に対し、若松はボディからフックを狙う。飛びヒザ狙いが中途半端になった若松に組んだ古間木がケージに押し込む。離れ際にワンツーを打った若松は、右ボディから左フック一閃。この一発で、古間木は大の字になり若松がKO勝ち――「酒井さん、そろそろタイトルほしいです。マモルさんと仙三さんの勝者とやらせてください」とマイクアピールした。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie