この星の格闘技を追いかける

【Shooto】新世代対決=田丸匠と対戦、覇彌斗 「全てをぶつけて勝つ」

Hayato【写真】広島県在住の覇彌斗と岐阜県在住の田丸。地方在住のファイター同士が将来を賭けて戦う。これも新しい流れか(C)MMAPLANET

24日(金)に東京都文京区の後楽園ホールで開催される「プロフェッショナル修斗公式戦」。環太平洋バンタム級選手権試合=チャンピオン石橋佳大×チャレンジャー佐藤将光戦がメインの同大会では、セミで新世代シューター対決が組まれている。


1996年1月生まれ、21歳の田丸と1995年5月生まれ、今年で22歳になる覇彌斗。田丸は昨年11月に元プロ修斗世界王者・漆谷康宏を倒し、覇彌斗は1月にDEEP&パンクラス王者だった前田吉朗を下している。

世代超えを果たした若い2人が、この試合に対しどのような想いでいるのか。主催するサステインから両者の意気込みが届いたので、田丸に続き覇彌斗の声をお届けしたい。

「アマチュア時代から意識していた。勝つ自信は100パーセントあります」

――田丸戦が近づいてきましたが、コンディションはいかがですか。

「体重も問題なく落ちているし、いい感じに仕上がっているので順調です」

――1月大会では前田吉朗戦から勝利を収めましたが、あの試合以降、どのようなことを意識して練習しているのですか。

「全体的に打撃から寝技を練習した感じで、フィジカルトレーニングとスタミナをつけることを意識しました」

――言い換えるとフィジカル&スタミナが足りないと感じていた?

「前回の試合でもフィジカルとスタミナが必要だと思ったので、今回はそこに時間を割きました」

――スパーリングなどの実践練習でトレーニングの成果は感じていますか。

「技に入るときに楽になったり、スタミナがついた分、最後まで集中して動けるようになりました」

――今回は1月の後楽園大会終了後に覇彌斗選手から田丸選手に対戦アピールがあり、それが実現する形での試合です。田丸選手のことはずっと意識していたのでしょうか。

「はい。田丸選手とは同い年だしアマチュアでも同期なので、アマチュア時代から意識していた選手です」

――自分よりも一歩先をいっていた?

「そうですね。ずっとそういうイメージで見ていました」

――アマチュア時代にも対戦経験があり、その時は覇彌斗選手が勝っているのですよね。

「でもプロになってからは僕が出なかった新人王トーナメントで(田丸が)優勝していますし、プロとしては僕よりも先にいる選手だと思います」

――いざ試合をするとなれば覇彌斗選手も自分の方が勝つ、そして強いという自信はありますか。

「もちろん、勝つ自信は100パーセントあります。ずっと田丸選手に勝つイメージをして練習しているので、そこにハマれば勝てると思います」

――自分が実力を出して、やるべきことをやれば勝てる、と。

「はい。自分が持っているものを全てをぶつけて勝つことしか考えています。自分の持ち味であるアグレッシブな試合をして、最初から最後まで全開で飛ばしていきたいです」

――どのような試合を見せたいですか。

「見ている人を楽しませたうえで、しっかり勝つ姿を見せたいです。

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

「最後まで諦めない姿勢だったり、最初から攻める姿勢だったり、僕のファイトスタイルを見て楽しんでもらいたいです」

■ プロ修斗 対戦カード

<環太平洋バンタム級選手権試合/5分3R>
[王者] 石橋佳大(日本)
[挑戦者] 佐藤将光(日本)

<フライ級/5分3R>
覇彌斗(日本)
田丸匠(日本)

<バンタム級/5分3R>
小蒼卓也(日本)
魚井フルスイング(日本)

<フライ級/5分3R>
清水清隆(日本)
大里洋志(日本)

<フライ級/5分3R>
井上学(日本)
梶川卓(日本)

<インフィニティリーグ2017フェザー級/5分2R>
内藤太尊(日本)
三上譲治(日本)

<ウェルター級/5分2R>
田口泰地(日本)
上野勇貴(日本)

<2017年新人王決定T1回戦バンタム級/5分2R>
伊藤聖剛(日本)
よしずみ(日本)

<2017年新人王決定T1回戦ライト級/5分2R>
Ju-sei Aquila(日本)
森修(日本)

<キッズ修斗52キロ契約/3分1R>
大塚歩空(日本)
高澤浩和(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie