この星の格闘技を追いかける

【Hero Legends】詳細 シュー・イエンがサンビディス下し王者に

2014.01.27

Xu Yan vs Zambidis

【写真】長身を生かしたシュー・イェンがマイク・サンビディスから2度目のダウンを奪って快勝した (C)HERO LEGENDS

3日(金・現地時間)に中国山東省済南市オリンピック・スポーツセンターで開催された英雄伝説「2014 World Kickboxing Championship in Jinan」。3週間前のイベントだが、10105 人の観客を集めて開始される純粋キックイベントが中国で行われていることは看過できない。その結果及び一部の試合に関して、詳細をお伝えしたい。まずは英雄伝説70キロ王座決定戦から。
Special Thanks to Mr. Hiroyuki Iwakuma/CFP

Xu Yan<英雄伝説70キロ王座決定戦/3分3R>
シュー・イェン(中国)
Def.3-0
マイク・ザンビディス(ギリシャ)

現地で「孤独武者」という異名を取るシュー・イェン、やや体が緩くなったサンビディスと初代英雄伝説70キロ王座を賭けて対戦した。長身のシュー・イェンが距離をつめ、いきなりヒザ蹴りを突き上げる。サンビのフックに対し、右ミドルを見舞うシュー・イェン。ザンビもボディから右を伸ばす。そのボディにヒザを合わせるシュー・イェンが左の前蹴りを蹴り込む。ボディから顔を狙うサンビだが、シュー・イェンはしっかりとブロックする。ザンビの右ローから左ミドルに対し、シュー・イェンが左ハイから左ローへ。この左ローが急所に入り、サンビがしゃがみ込んでしまう。

シュー・イェン・コールのなか、試合は再開。サウスポーのシュー・イェンが、左ミドルと左のフロントキックを連続で放つ。後足の前蹴りが有効なシュー・イェン、続く左ミドルでザンビが崩れると、レフェリーがダウンを宣告。立ち上がったところで初回が終了となった。

2R、開始早々に左前蹴りから左ヒザをヒットさせたシュー・イェンは、フックの連打を放つザンビに対し、ヒザ蹴りから右ストレートでダウンを奪う。カウント8と立ち上がったサンビだが、左ロー2発で体がよれる。さらに左ミドルを蹴りこまれ動きが止ったザンビ。シュー・イェンが左ローから左ストレート、左ヒザと攻め手を弛めない。左ミドルと左ローを受けたザンビは、下がらず右フックを打ち込む。フックの応酬のなかでも、シュー・イェンが怯まずヒザを突き上げ、右フックをヒットさせる。右フックから左フック、左ボディフックを打ち込んだザンビ。下がったシュー・イェンは、クリンチで誤魔化す。再びファンの大コールを受けたシュー・イェンが、テンカオから左ストレートで2Rを締めくくった。

すでに2度ダウンを奪われ、勝利にはKOしかないザンビ。フックから右ミドルで前に出るも、シュー・イェンの前蹴りとヒザ蹴り、さらに左ハイで行く手を阻まれる。それでもフックで前進するザンビに対し、コーナーにつめられたシュー・イェンはクリンチ──だけでなく、ブレイク後にヒザを見せるシーンも。2度ダウンを奪いながら、シュー・イェンはザンビの前進にやや気持ちが押され気味になったか。それでもサンビのボディフックには首相撲からヒザ、右フックには左ミドルで対抗するシュー・イェン。

その後も時間がなくなり、ガムシャラに前に出てくるザンビに対し、シュー・イェンは左ミドルや前蹴りで距離を取り、接近戦では首相撲からヒザ、クリンチと危なげない戦いを見せた。ザンビも最後までフックで前に出続けたが、試合はこのままタイムアップへ。ゴングと同時に勝利を確信したシュー・イェンが、3-0で判定勝ちを収め、英雄伝説ライト級王者に輝いた。

■この他の 英雄伝説「2014 World Kickboxing Championship in Jinan」メインカード試合結果

<64 キロ/3分3R>
カン・エン(中国)
Def.2R開始時 by TKO※タオル投入
バットニヤン(英国)

<80キロ/2分3R>
シェ・ヤンジー(中国)
Def.2R0分54秒by KO
アドゥン・プンチャナシッチ(タイ)

<73 キロ/3分3R>
アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ)
Def.1R1分16秒by KO
ウェン・ジンドゥー(中国)

<82 キロ/3分3R>
サイモン・マーカス(カナダ)
Def.1R2分19秒by KO
リー・ベイ(中国)

<82 キロ/3分3R>
リュウ・ウェイ(中国)
Def.1R0分26秒by KO
ニコラ・ラメーシェ(フランス)

<58キロ/5分3R>
ワン・ジュングァン(中国)
Def.3-0
ペチャクランナム・ソー・ビステキ(タイ)

PR
PR

関連記事

Movie