この星の格闘技を追いかける

【UFN35】ロックホールド初回TKO勝ち。「ヴィトーと再戦を」

2014.01.16

<ミドル級/5分5R>

ルーク・ロックホールド(米国/6位)

Def.1R2分31秒 by TKO

コスタ・フィリッポウ(キプロス/10位)

サスウポーのロックホールドに対し、オーソのフィリッポウが右回りから左ジャブ、右ストレートを軽く伸ばす。フィリッポウの左ロー、ロックホールドが左ハイを返す。ブロックしたフィリッポウも右ハイを見せるが、これもロックホールドがブロックする。前に出たところでロックホールドの左を受けて姿勢を乱したフィリッポウ。

ケージに押し込んだロックホールドだが、無理をせず距離を取り直す。

ロックホールドの左ハイを防いでから、前に出て左右のパンチを振るうフィリッポウだが、蹴りで出足を止められて、左ミドルを受けてケージ際に下がる。ここでロックホールドが右ストレートから、左ミドルをもう一発蹴り込む。右ワキに蹴り受けて、しゃがみこんだフィリッポウを見てレフェリーが試合を即ストップした。「ヴィトーとリマッチを戦いたい」と静かに語った。

PR
PR

関連記事

Movie