この星の格闘技を追いかける

【Deep Cage】小島壮太を5-0で下したカン・サトー、ストロー級王座戴冠

<ストロー級GP決勝/5分3R>
カン・サトー(日本)
Def.5-0
小島壮太(日本)

小島のローで始まった試合はカンが左のオーバーハンド、右を打ち込んでいきなりの乱打戦に。小島もローや左を入れつつ、右を打ち返す。里は低い姿勢から左のオーバー何度を続けるも、小島が右を打ち込む。ケージに詰まったカンに小島がエルボー、右を入れる。離れたカンをロープに詰めた小島だが、ここは両者間合いを取り直す。左、続いて右を打ち込み譲れないカンに対し、小島も右を返すと組みに。カンは左を当てると、右もヒットする。終了間際にカンはテイクダウンを仕掛けるも、小島がギロチンで捉えて引き込む。そのままの態勢で、激しい打ち合いが繰り広げられた初回が終わった。

2R、カンの左に小島が右エルボーを狙う。カンは左ハイから、左前蹴り。小島が組んでケージに詰める。細かいパンチを打ち合う両者だが、ブレイクが掛かる。ローを蹴り合、小島が左フック。カンは左ローを入れる。左の前蹴り、足を下ろさずミドルで距離を取ったカンを再び小島がケージに押し込む。小島のアッパーに、ショートフックから左ミドルをカンが蹴りこむ。組みに行ったカンは、小島の内股を潰すとバックに回りこんで両足をフックする。

右手、左手でRNCを狙うカン。必死に防いだ小島は、腕十字と三角絞めをしのぎ試合は最終回へ。

3R、左ミドルハイを見せたカンのローが急所に入り中断。再開後、小島は左ジャブ&ロー。カンは左オーバーハンドから角度を変えて、左フックや左ジャブ、そして左ハイを繰り出す。左ミドルを入れたカンは、左を被弾したが左を返す。小島は右アッパー、カンは左フックを打ち込む。再びオーバーハンドを力強く放ち、左ミドルにつなげカンは中間距離で左ミドル、左前蹴りをうまく使う。

右を打たれ、体が崩れた小島が組んでバックを狙うが、カンは胸を合わせる。ブレイク後、左ストレートから左ミドルを入れたカンをケージに押し込んだ小島だが、ここもブレイクに。最後の10秒でパンチをまとめようとした小島だが、決定打はなく5人のジャッジの裁定に勝負は委ねられた。

結果、5-0 で勝利したカン・サトー、22歳の初代DEEPストロー級王座戴冠となった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie