この星の格闘技を追いかける

【UFC204】見栄えの良い攻撃続々、ディアキーシーの今後に注目

<ライト級/5分3R>
マーク・ディアキーシー(英国)
Def.2R4分40秒by TKO
ルカス・サエウスキ(ポーランド)

いきなり距離を詰めたディアキーシーに組んでテイクダウンを奪ったサエウスキ。しっかりとサイドから抑えてヒザをボディに入れる。マウントに移行するも、ディアキーシーも暴れてハーフに戻す。エルボーを入れながら足を抜こうとしたサエウスキだが、ディアキーシーが立ち上がる。

ギロチンで抱えたサエウスキを大きくスラムで叩きつけたディアキーシーが、パンチで追い打ちをかける。離れたサエウスキがアッパーから前に出て組み付き、小外掛けでテイクダウンに成功する。ヒールフックを狙ったディアキーシー、サエウスキは体を捻って離れる。試合がスタンドに戻ると、ディアキーシーは左ロー、そして左ハイを狙う。最後はサエウスキがディアキーシーをケージに詰めたところで初回が終了した。

2R、左ジャブからイギストレートを伸ばすディアキーシー。続いて思い切り右を振るっていく。組もうとしたサエウスキを突き放したディアキーズが左ストレートをヒットさせる。サエウスキも左を返すが、打撃戦は劣勢であることは否めない。と、ディアキーシーは飛びヒザにトライ、見栄えの良い攻撃が多い。ディアキーシーは左前蹴り、サエウスキは左ロングを返すも、足が揃ってきた。右ハイは空振りに終わったが、サエウスキの前進にディアキーシーが左フックを当てる。

前蹴りが効いて、腹をかばうような構えになったサエウスキにディアキーシーが右ストレートを連続で入れ、左アッパーを打ち込む。右オーバーハンドを空立てサエウスキだが、右オーバーハンドを逆に受けて動きが止る。ディアキーシーがケージ際で左右のフック、アッパーとラッシュを掛けると、ついにサエウスキがヒザをつき、レフェリーが試合を止めた。

「アメージングだ。でも、まだ十分じゃない」と話したディアキーシー。流れを作るという部分でスピード感に欠けるきらいはあるが、英国から面白い選手がまた現れた。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie