この星の格闘技を追いかける

【UFN94】元WSOFフェザー級王者グレン、最後まで気持ち切らさずもダナムに完敗!!

<ライト級/5分3R>
エヴァン・ダナム(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
リック・グレン(米国)

何気に元WSOF世界フェザー級王者グレンのUFC初陣。二段蹴りをまず見せたグレン。ダナムはワンツーを入れて前に出る。さらにワンツーで前に出てヒザ蹴りと、ダナムの立ち上がりが良い。と、ダブルレッグを早々に決めたダナムはパス狙いからワールドへ。ガードに戻ったダナムが立ち上がり、グレンのシングルに対してバックに回り込む。ワンフックから両足をフックしてRNCへ。極まったかと思われたタイトなRNCからサバイブしたグレンは、腕十字&RNCも察知したが初回を圧倒された。

2R、快調にパンチを伸ばすダナムは開始30秒でテイクダウンを決める。グレンの潜りにダースを合わせたダナムだが、ここはロールされ極めきれない。シングルから立ち上がったグレンは左を伸ばすも、そこに組みつかれる。前方に崩されそうになるのを踏みとどまり、胸を合わせたグレン。

ダナムはヒザを入れて離れると、右ハイキック。ブロックしたグレンは左ジャブにヒザを合わされ、蹴り足をすくわれてまたもテイクダウンを許す。抑えず立ち上がったダナムがワンツー、右ジャブを正確にグレンのアゴに打ちぬいていく。さらにワンツーを入れたダナムは、テイクダウンは切られてが、問題なくこの回も取った。

3R、グレンが懸命にワンツーを繰り出すが、ダナムは組んでケージに押し込む。左右のエルボーを入れて離れたダナムは、グレンのダブルレッグを切る。左ジャブから右フックを入れたダナムは、組んでクリンチへ。それでも中間距離の殴り合いに応じ、一度は左を被弾しながら、最後に組みにいくという試合巧者ぶりを見せたダナム。グレンはフラフラになりながら、手を出すも姿勢が乱れる。残り80秒でダナムは右ハイを決め、ふらつくグレンにパンチの追い打ちをかける。ゾンビのように前に出てくるグレンは、右ハイを再び被弾してもノンストップでパンチを繰り出す。ダナムもこれに応えて、殴り合いへ。

ついにはケージに持たれるような場面を見せたグレンは、最後に前方回転蹴りを空振り。ダナムが腕十字を狙ったところで試合終了となった。裁定結果は当然、ダナムに。フルマークで判定勝ちした。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie