この星の格闘技を追いかける

【UFN94】動けない。タフな状況のなかでジュカォンがロバートソンにスプリット判定勝ち収める

<ウェルター級/5分3R>
ホアン・ジュカォン・カルネイロ(ブラジル)
Def.2-1:30-27.29-28.29-28
ケニー・ロバートソン(米国)

右フックを振るって前に出たロバートン。クリンチの攻防でジュカォンが両ワキを差してバックを伺う。ケージを蹴ってグラウンドに持ち込んだジュカォンはガードになるが、潜ってスタンドに戻る。互いに右を放ち、ジュカォンが組んで右ヒザを入れる。離れた両者、パンチの勢いがあるのはロバートソン。ジュカォンは左ミドルを蹴り込む。

ロバートソンは左ボディフック、ジュカォンは左ミドルを続ける。ジュカォンのダブルレッグをスプロールしたロバートソンの左右のフックは空振りに。ジュカォンは左ローを入れた。

2R、初回と同じテンポが続くなか、ジュカオンの右がロバートソンを捉え、続く前進でダブルレッグを合わせてテイクダウンに成功する。左腕を差して、スイープに成功したロバートソンがジュカォンの庭で攻勢に出る。潜るジュカォンにロバートソンはエルボーを落とすも。ジュカォンは送って、ヒザ十字へ。すぐに足を抜いてトップをキープしたロバートソン。ジュカォンはここで立ち上がらないといけない。

しかし、ジュカォンはクローズドガードから右手で自分の右足を抑えて、そのままリバーサルに成功してマウントを奪う。アームロック狙いとパンチを合わせたジュカォン。テイクダウンと最後のマウントで、ラウンドを取ったか。

最終回、動きがスローな両者。ロバートソンはローにテイクダウンを合わされるが、バタフライスイープですぐに態勢を返し両者がスタンドに戻る。右アッパーから左フックを打ち込んだジュカォンが組みへ。体を入れ替えたロバートソンが体を入れ替えるも、すぐに離れる。

ロバートソンが右を伸ばして前に。回りながら戦うジュカォンは印象が悪い。残り1分、手数が増えない両者。ジュカォンが右アッパーを見せる。左を振るって前に出るロバートソンは、ジュカォンのテイクダウン狙いを防ぐ。決定打のないまま試合はタムアップとなり、足を負傷していたジュカォンが動けないなかでスプリット判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie