この星の格闘技を追いかける

【UFN94】見る者を置いてけぼり──目まぐるしいスクランブル戦はマカチェフがウェードを下す

<ライト級/5分3R>
イスラン・マカチェフ(ロシア)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
クリス・ウェード(米国)

2試合連続、コンバットサンボの強豪との対戦となったウェード。まずはウェードが左ローを見せる。慎重な立ち上がりの両者、マカチェフが左ストレートで距離を詰め、シングルレッグへ。尻餅をついたウェードは頭を抱えてギロチンへ。足を跨いだマカチェフが頭を抜いてトップを取る。即、マウントを取ったマカチェフに対して、ウェードはケージを蹴り、腕十字を防ぎながらトップへ。

手首を掴んだマカチェフは三角絞めをセットアップする。右に回り鉄槌を落とすウェードだが、頭を抱えられ厳しい状況に。ウェード体重を前方にかけて、腰の自由がなくなったマカチェフの三角クラッチを解く。バタフライスイープを枕で潰したウェードはマカチェフの潜りにエルボーを落としたところで初回が終わった。テイクダウン、三角でマカチェフのラウンドとなったか。

2R、軽い上方への蹴りから前に出ようとするウェードにマカチェフが左ミドルを入れる。続いて左フックを当ててテイクダウを狙ったマカチェフをウェードがギロチンで取られ、ネックロックへ。ブリッジで上を取り返したマカチェフに、バックを譲りつつ前方に落としてトップを取り返したウェード。マカチェフがブリッジでまたも上を取り返す。サイドからエルボーを入れるマカチェフ、ウェードは体を捩じって足をとりにいくも、そこはマカチェフも許さずバックをキープする。

ワンフックでバックを取り切ったマカチェフ。ウェードはパンケーキからダブルを取りにいってリバーサルに成功──と思いきや、ここもマカチェフが股下をクラッチしてローリングしトップを許さない。そのままバックに回ったマカチェフだが、今度はウェードが巻き込んみながら、足関節を狙う。ファンを置き去り気味の素晴らしいグラウンドウォーが展開された。

最終回、ウェードの左ハイにマカチェフは左ストレートから組み付く。シングルからダブルで崩したマカチェフ。ウェードはロールからトップを取り返し、リバーサル狙いを潰してマウントへ。即、足を戻して抱えながら他起き上がってきたマカチェフにウェードがギロチンも下にされる。マカチェフのマウント狙いは防いだウェードは一旦、ハーフで落ちつかされる。マカチェフはマウントを取ってパウンド、背中を見せたウェードからバックマウントを完成させる。

四の字ロックで捕まったウェードは胸を合わせることができない。マカチェフはパンチ&RNCで攻め立て、残り試合タイムは1分に。最後までバックマウントを続けたマカチェフが3-0の判定勝ちを収めた。

「この試合は絶対に勝たないといけなかったら、安全に戦った。次からベストパフォーマンスを見せる」と勝者は話した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie