この星の格闘技を追いかける

【OFC12】初戦敗北のマンスールが、マレーシア王者に輝く

2013.11.15

<OFCマレーシア・フェザー級王座決定戦/5分3R>
AJ・マンスール(マレーシア)
Def.3-0
メルヴィン・ヨー(マレーシア)

遠い距離から単発の打撃を見せる両者。マンスールの右ローがヒットするが、これといった動きは見られないまま2分が経過する。マンスールがスピニングバックフィスト、これは空振りに。ヨーは非常にゆっくりした左ミドルを繰り出す。手数と勢いがあるのはマンスール、ヨーは待ちの姿勢を保つ。残り2分を切り、前に出てこれまでとは違うスピードの左ミドルを出すヨーは、接近戦で左ハイを繰り出す。残り45秒でマンスールがダブルレッグでテイクダウンを奪う。ヨーはクローズドガードで固め、そのまま初回が終了した。

2R、ロングレンジの右ストレートを2発見せたマンスール。ヨーは左ミドルを返す。直後の右ミドルをキャッチされたヨーは引き込んで、ラバーガードへ。マンスールはガードの中から時折りパンチを落すが、ブレイクが掛かる。大きな振りのマンスールのパンチをかわしたヨーは、スピニングバックフィストから右フックを被弾する。ならばと頭を低く構えたマンスールの顔面に蹴りを狙ったヨーだったが、直後にテイクダウンを許す。特に展開のないまま離れたマンスールが、大きく振り被ってパンチを落すと、ヨーは三角へ。頭を抜いたマンスールが立ち上ったところで、再びレフェリーがブレイクを命じる。残り30秒、マンスールはケージにヨーを押し込むと、ヨーがギロチンから引き込む。直後にラウンドが終了し、マンスールが制した。

最終回、右オーバーハンドを繰り出すマンスール。ヨーの蹴り足を掴んでケージに押し込むも、直ぐに離れる。マンスールは低い姿勢から大きく跳ね上がり、輪島功一の蛙飛び張りのパンチを放つ。直後にダブルレッグでテイクダウンを奪ったマンスールは、パスに成功し左のパウンドを落とし、ヒザ蹴りにつなげる。足を戻したヨーがスイープを狙うも決らない。残り30秒、立ち上がった両者が荒い打撃戦を繰り広げる。最後もダブルレッグを決めたマンスールが、初戦敗退も負傷欠場で代役出場から、マレーシア・フェザー級チャンピオンに輝き、「もうマレーシア人とは戦わない。ビクター・クイ、タイ人、フィリピン人、シンガポール人、韓国人、日本人と戦わせてほしい」とアピール。そしてファイトマネーを台風30号に襲われたフィリピンに寄付することは明言した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie