この星の格闘技を追いかける

【UFN31】ハビロフ、マスヴィダルに後ろ回し蹴りで勝負有り!!

2013.11.07

<ライト級/5分3R>
ルスタン・ハビロフ(ロシア)
Def.3-0: 30-27, 29-28, 30-27
ホルヘ・マスヴィダル(米国)

左ジャブから、右ロングストレートを放つハビロフ。マスヴィダルも右を返す。マスヴィダルの左ジャブに右クロスを狙うハビロフは、遠い位置からアッパーを狙う。右が伸び、威力があるハビロフは、打点を変えたパンチを武器にプレッシャーを与えていく。ハビロフは、左ジャブからのコンビネーションも見せ、マスヴィダルの前進にシングルレッグを合わせる。

しっかりとディフェンスしたマスヴィダルはヒザ蹴りからミドルを放つ。続くマスヴィダルのと飛びヒザを受け止めたハビロフが、がぶっていく。上体を上げ、ヒザを入れながら離れたマスヴィダルは、再びボディにヒザを狙うも足をキャッチされる。その足を離して距離を取ったハビロフはシングルレッグを見せるが、テイクダウンに至らず初回が終わった。

2R、マスヴィダルは右ミドルから右ローと足技に出る。ハビロフは右オーバーハンドを放つが、マスヴィダルも左ジャブから右ハイを見せる。左ボディフックを打ち込んだマスヴィダル。ハビロフも右を返していく。左に回るハビロフが組みつくも、マスヴィダルが逆にケージ押し込んでボディにヒザを入れる。右ボディから右オーバーハンドをヒットしたハビロフが組みつくが、ここはマスヴィダルが大内刈りでテイクダウン。細かいエルボーを連続で打ち込む。

立ち上って距離をとったハビロフが、ダブルからバックコントロールでついに尻餅をつかすが、マスヴィダルが頭を入れ替えシングルレッグへ。倒れないマスヴィダル、距離を取り直した両者が間合いを測るなか2Rが終了した。最終回、右ストレートから前に出るマスヴィダル。ハビロフは左へのステップから、右の後回し蹴りを放つと、これがマスヴィダルの右の首のあたりにヒット。

マットに崩れ落ちたマスヴィダルだが、上体を起こしスクランブルの攻防に持ち込んで何とかスタンドに戻る。直後にシングルからテイクダウンを狙ったハビロフは倒され、下になりながらも絞めを狙う。再び試合がスタンドへ戻ると、マスヴィダルがケージにハビロフを押し込む。バランスを崩し、倒れたハビロフはすぐに立ち上がるが口も開いており、かなりスタミナ消耗している模様だ。

マスヴィダルは同じようにスピニングバックキックを狙うが、ハビロフがキャッチしてバックへ回る。前転で逃れ、スイッチからバックを狙われるとハビロフがスタンドへ残る。パンチとテイクダウンの応酬が続くなか、試合はタイムアップに。ジャッジは2人が30-2をつけ、ハビロフが快勝した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie