この星の格闘技を追いかける

【UFN31】ベルムデスがフルマーク判定で、UFC5連勝決める

2013.11.07

<フェザー級/5分3R>
デニス・ベルムデス(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
スティーブン・サイラー(米国)

左ジャブを伸ばすサイラー、低い姿勢で間合いを測るベルムデス。そのベルムデスが左ジャブを伸ばし、サイラーが迎え撃つ姿勢を見せるとスッとダブルレッグダイブでテイクダウンを奪う。フルガードを取ったサイラーが、ケージを背にして立ち上がる。その際にパンチを入れるベルムデス。サイラーもヒザをボディに入れる。ケージにサイラーを押し付けたベルムデス、ヒザ蹴りが急所に入り、試合が一時中断する。

再開後、サイラーの左ジャブに対してベルムデスは左ハイから左ローと蹴り技を見せ、さらにローからテイクダウンを仕掛ける。ギロチンで応えたサイラー、ベルムデスは2度に渡り自ら体を捻るように背中をつけてこれを脱出し、直後にダブルレッグでテイクダウンを奪う。サイラーは三角に入るが、持ち上げてスラムしたベルムデス。三角が外れると、思い切りエルボーを落す。

スクランブルの攻防で、再びギロチンを仕掛けて防がれたサイラー。ベルムデスは逆にギロチンを仕掛けて、そのまま回転してマウントへ。体を反転したサイラーは首を引抜き、パウンドへ。残り20秒、ベルムデスのテイクダウンにジャンピングガードからギロチンを仕掛けたサイラーだが、ここも首を抜かれキャンバスに落される。2R、ハイキックを空振りしバランスを崩したベルムデス。すぐに立ち上がって右アッパーを狙う。左フックから右ロー、さらに右ボディからダブルレッグでサイラーを抱え上げたベルムデス。ギロチンを外しながらスラムしパウンドを落すも、サイラーも立ち上がってケージに押し込んでいく。エルボーからダブルレッグダイブを決めたベルムデスは、インサイドガードからエルボーを落す。ガードから両脇を差し、ベルムデスを引き寄せるサイラーは、バタフライスイープを狙う。そのままバックを狙う動きも見せたサイラーだが、ベルムデスが察知し上体を殺してトップをキープする。ならばと潜ろうとしたサイラーに対し、ベルムデスはネルソンからネッククランクを仕掛ける。

腰を移動し、何とかスペースを作るサイラーは、手を挙げて大丈夫だとアピールする。首を抜いたサイラーは、残り10秒で立ち上がるも反撃の機会は残されていなかった。最終回、右ストレートを打ち込んだベルムデス、シングルレッグでテイクダウンへ。尻餅をついた状態でギロチンも、後方回転で逃げられたサイラーは後手に回る展開を打開できない。

サイラーはベルムデスの右をかわして、右を打ち込む。組みの攻防から距離を取り直した両者、ベルムデスが頭を下げてロー、さらにハイキックを狙い、左ジャブから右を打ち込む。ダブルレッグでドライブしたベルムデスが、ケージ際でパンチを打ち込む。残り90秒、サイラーのカウンターを掻い潜ってダブルレッグを決めたベルムデスがトップを奪う。

ガードから巴投げスイープの要領で距離を作り、テイクダウンを狙ったサイラーにベルムデスはギロチンへ。これを引抜いたベルムデスが、最後の10秒間の打ち合いを制するも、試合はここでタイムアップに。当然、ベルムデスがオクタゴン5連勝を決めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie