この星の格闘技を追いかける

【UFC201】変則テイクダウンと変則キックのセラーノ、ベノイに下る

<フライ級/5分3R>
ライアン・ベノイ(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
フレディー・セラーノ(コロンビア)

コロンビアのオリンピアン・レスラーのセラーノが右ミドルをサウスポーのベノイに蹴っていく。ミドルの相打ちでバランスを崩したセラーノは立ち上がると、右オーバーハンド。続いてカカト落としを見せる。右ミドルを続けるセラーノは、蹴り足をキャッチして大きく抱え上げてベノイをスラムし、サイドへ。頭を抱えるベノイはこれを抜けられると、ブリッジで体を入れ替え、スクランブルからトップへ。直後に蹴り足を掴まれ、右ストレートから左ストレートを被弾しでダウンしたセラーノ。しかし、すぐに立ち上がってダブルレッグでテイクダウンへ。

ベノイは再び頭を抱え、抜かれると一気にスクランブルから立ち上がる。右フックを入れたベノイ、続いて左を入れて距離を取り直す。さらに左ミドルハイでセラーノを突き放すベノイは右ローを思い切り蹴り込む。ローシングルからクリンチに持ち込んだセラーノだがテイクダウンは奪えない。残り30秒、カカト落としが当たらなかったセラーノは、待ちの姿勢が増えてきたが、右フックを被弾し背中を見せる場面もあった。

2R、シングルを切られたセラーノ。スピニングバックフィストも距離が合わない。ベノイはセラーノの飛び込みに左フックを合わせる。ダブルに出たセラーノだが、頭を抱えられ倒せない。離れた直後にボディロックから抱え上げてテイクダウンしたセラーノが、ガードの中からパンチを落とす。ベノイはここもブリッジからスタンドに戻ると、テイクダウン狙いを2度にわたって潰し、パンチを入れていく。

テイクダウンが決まらないようになってきたセラーノだが、残り70秒でダブルレッグを決めてサイドへ。ブリッジをすかして上四方を取ったセラーノは、ヒザを頭に突き付け注意を受ける。蹴り上げからベノイが立ち上がったところでラウンド終了となった。


最終回開始早々、ダブルレッグから叩きつけるようにテイクダウンを決めたセラーノ。90秒を経過してブレイクが掛かると、セラーノは直後に前回りするようにガードを取る。ベノイはシングルを切りつつバックへ。セラーノは胸を合わせて離れると、派手な蹴り技で印象点を取りに行ったか。直後にバックを窺うも、ベノイも回転バック肘を見せて離れる。

疲れて動きが止まった両者。セラーノは低い姿勢でテイクダウンを狙い、ベノイがジャンプしてさける。ベノイの左ハイをキャッチしたがテイクダウンできなかったセラーノが、距離を取り直す。右ローでバランスを崩し、逆に組み付かれたセラーノはボディと顔面に細かいパンチを受ける。エルボーから右フックを打ち込んだベノイは、最後にテイクダウン狙いを切ってタイムアップを迎えた。

結果はスプリットでベノイの勝利となった。10日前のオファーを受けたベノイ、どちらとも取れる勝利をモノにした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie