この星の格闘技を追いかける

【Pancrase279】鈴木慎吾に完勝、岡見勇信<02>「頭だけでなく、心も柔らかくなれた」

Yushin Okami【写真】試し斬りは終わった。ただ海外でなく、世界のトップに挑むサンダーの姿が見てみたい (C)MMAPLANET

24日(日)、東京都江東区のディファ有明で開催されたPancrase 279で鈴木慎吾をRNCで下した岡見勇信インタビュー後編。


<インタビュー全編はコチラから>
ヒデ三好氏との練習で「頭が楽になった」という発言の真意は。そして、これからについて岡見が語った。

──頭が楽になったというのは?

「自分は一つのことに固執してしまう性格で、『これはこうじゃないといけない』だとか『自分はこう動くべき』という風な考えだったんです。だから、他の選手の動きを見ても『俺にはできない』、『これは自分の動きではない』って簡単に排除してきたんです。

それを三好さんと練習するようになり、逆に『こういうこともできれば楽しいな』とか、『これが俺もできるんだ』っていう風になれたんです。頭だけでなく、心も柔らかくなれたと思います。三好さんの指導は、一つひとつの動きを言葉にして説明してもらえるので」

──そのなかで今年は国内で2試合、DEEPではベテランの桜井隆多選手と、パンクラスでは若い鈴木選手に勝利しました。

「鈴木選手との試合は、桜井さんとの試合よりも遣り甲斐は感じました。若くて勢いのある選手なので。そして予想通りガンガン来てくれました」

──これまで海外で戦ってきた選手と比較しても、ですか。

「それはね、過去は過去だし。ここで負けられないという気持ちは絶対的にありましたが、試合が始まると過去の戦績なんて関係ないですから。デカゴンのなかでも言いましたが、試合前は色々と格好良く勝ちたいとか考えていたんです。

それが試合が近くになるにつれて、必死に勝ちにいこうっていう気持ちが膨れ上がっていったんです。フィニッシュして試合に勝つ、がむしゃらに勝つって。どんなスタイルだろうが、必死にならなければならない。そこはひょっとすると、鈴木選手云々でない部分だったかもしれないです」

──これだけ吹っ切れた岡見選手は見たことがないです。

「そうですね、徐々に桜井さんとの試合辺りから、色々なことが良い方向に向かうようになりました。ウェルター級の体にも、自分のマインドセットの部分でも。そうなると動きも良くなりましたね。気持ちの部分が特に大きく変わってきましたね」

──気になる今後ですが。

「WSOFでは戦うことになると思います。ジョン・フィッチ戦は負け方が悪かったのでもう一度、米国のファンの前で強さを見せたいという気持ちはあります。

ただ、それ以上にとにかく試合がしたいんですよ。試合をしないと強くなれないんで。今回、こうやってパンクラスで試合をしましたし、また日本で戦いたいとも思っています。パンクラスさんが強い外国人選手を呼んでくれて日本で国際戦というのも、実現できればとなという期待もあります」

──そうなれば、ファンにとって一番ですね。ではファンに締めの言葉を一言お願いします。

「日本のファンの皆さんの前で、納得できる試合ができて良かったです。また世界に向けて踏み出すので、応援よろしくお願いします」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie