この星の格闘技を追いかける

【Pancrase279】体重超過でもブルッキンズ強し、石渡は終盤苦しみ判定防衛

<バンタム級KOPT/5分5R>
石渡伸太郎(日本)
Def.3-0:49-46,48-47,48-47
ジョナサン・ブルッキンズ(米国)

ブルッキンズが体重を落とせず、石渡の勝利のみ防衛成功という特殊な状況でのタイトル戦。
ノンタイトル戦となった一戦。左ローを2発入れた石渡は、ブルッキンズのサイドキックなど蹴り技をかわしてパンチで前へ。組んだ際にブルッキンズにアイポークがあり、試合が一時中断する。再開後、間合いを図り合う両者。ブルッキンズがシングルでケージに石渡を押し込んで、ボディへヒザを入れる。ここで離れた石渡のパンチはなかなか当たらないが、プレッシャーをかける展開が続く。ジャッジは2人が石渡、1人がブルッキンズに入れた。

2R、ブルッキンズの前進にワンツーを入れた石渡。さらに左を打ち込む。勢いが増した石渡のパンチにブルッキンズが下がるようになる。と、ブルッキンズはシングルからダブルに移行してケージに石渡を押し込む。ギロチンに切り返した石渡、離れてはブルッキンズの前進をサークリングでかわし切り、右ローを蹴りこむ。ブルッキンズの左を被弾した石渡だが、パンチを返していく。ここでシングルから、石渡氏にヒザをつかせたブルッキンズ。石渡は再びギロチンへ。このまま時間となり、3票を獲得した。

3R、距離を詰める石渡に対し、前に出たブルッキンズが左を打ち込む。殴られると倍返すとばかりに拳を振るう石渡をブルッキンズがシングルで押し込む。右腕を差して耐えた石渡に、ブルッキンズがヒザを太腿に入れてくる。体を入れ替えた石渡だが、また押し返されると、逆にダブルレッグを決める。

スタンドに戻るとローを蹴っていった石渡がワンツーを伸ばす。ブルッキンズの左をかわした石渡は、最後の最後でダブルレッグからリフトアップ。テイクダウンは時間後だったが、ここも石渡がラウンドを取った。

4R、ローを受けたブルッキンズが距離を詰めて右アッパー。左を返した石渡は、逆に右ストレートからフックを振り回す。拳をよく回すようになった石渡は、右ボディを入れる。ブルッキンズの軽い右ハイが石渡の顔面をかすめる。オーバーハンドを狙った石渡のパンチも届かず、組んだブルッキンズがバックへ。ヒザをついた状態で足を一本入れたブルッキンズがケージを背にして寝技に持ち込もうとする。

ケージを掴むシーンもあった石渡だが、その後は時間をかけて胸を合わせてトップへ。スクランブルからダブルレッグで押し込んだブルッキンズが取り返した。


最終回、ブルッキンズが指を伸ばしていることで注意を与えられる。再開後、ハイから組んでいったブルッキンズだが、ここで頭突きがあったとしてまたも試合が中断する。リスタート後、ブルッキンズがワンツーで前に。ブルッキンズの右が石渡の顔面を捉え、さらにボディの追撃を加える。思い切り空振りのフックを見せて離れた石渡。残り1分、体重超過とはいえブルッキンズはやはり強豪、リーチを生かして石渡を懐にいれさせずに終盤を戦う。

最後はブルッキンズが組みへいき、石渡がヒザ蹴りを入れたところでタイムアップに。結果、3-0で石渡が4度目の王座防衛に成功した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie