この星の格闘技を追いかける

【Bellator157:Dynamite2】一歩届かず、石井がランペイジにスプリットの判定負け

<ヘビー級/5分3R>
ランペイジ・ジャクソン(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
石井慧(日本)

まずは左ローを蹴り込んだ石井。ランペイジは距離を取って、両手を広げ挑発する。石井は動じずにローを続け、しっかりと間合いを取る。背中を見せて打ち合いを要求するランペイジに対し、石井は左ボディストレート。ランペイジは左ジャブから、待ちの姿勢を続ける。と距離が近付くと組んできたランペイジをケージに押し込んだ石井が大内刈りでテイクダウンに成功する。ケージを背にフックガードのランペイジを抑えつつ、パンチを入れた石井が背中をつかせて左エルボー。

さらに左のパンチを落としてパンチからパスに成功する。サイドで抑える石井がボディにヒザ、足を取りに来たランペイジにキムラクラッチを仕掛ける。これを石井が解くと、ランペイジは立ち上がる。直後に石井は大外刈りで倒し、パウンドを入れてサイドへ。クロスフィックに捉えられたランペイジがケージウォークから立ち上がる。ケージを背にしてヒザ、エルボーを見せたランペイジだが初回は完全に石井のラウンドとなった。

2R、カウンター狙いのランペイジ。左に回る石井。石井の左ボディストレートにフックを合わせようとしたランペイジだが、これは空振りに。組んだランペイジはヒザとアッパーを見せる。石井の払い腰は防がれたが、直後に大外刈りを決める。そのままサイドに入った石井に対し、ランペイジは右腕を差して足を取りに行く。ヒザを着いて立ち上がったランペイジがヒザ蹴り、首相撲に取ってヒザを続ける。続いてアッパー打ち込むランペイジ、石井はここスピニングバックハンドを狙う。

直後にダブルからシングルに移行した石井、クリンチに移行するとランペイジはアッパーを打っていく。石井はここでもダブルレッグを仕掛けるが、切られて細かいパンチを被弾する。大内刈りも倒せない石井。ヒザ蹴りやアッパーを受ける距離から一度離れたいところだが、そのまま胸を合わせた攻防で石井はラウンドを失ったか。


最終回、石井は左ロー。前に出てきたランペイジに対し、石井は間合いを外す。またも、攻めろとアピールするランペイジ──この辺りは試合巧者だ。スーパーマンパンチからランペイジが組み、石井がケージに押し込む。ヒザを受けた石井がダブルからシングルに移行するもテイクダウンを取れない。シングル&足払いにも倒れなかったランペイジは、大外刈りを潰してトップを奪取。

石井はクローズドガードに取り、厳しい展開に。残り2分を切り、石井はエビから潜り、かつ柔術立ちを狙うも潰されてしまう。ストレートアームバーも察知された石井。スイープも察知され、クローズドを取ったところで殴られる。ケージを背にして立ち上がった石井だが、ランペイジはハイクロッチからシングル、胸を合わせてケージに石井を押し込む。石井は体を入れ替えてダブルレッグを狙うも、残り10秒を切る。ケージにランペイジを押し込んだ状態でタイムアップを迎えた石井──2Rに続き最終回も失った公算が高い。

ジャッジの裁定は割れたが、ランペイジが判定勝ち。結果論だが、2R中盤以降にケージに詰めた状態でヒザとアッパーを受けたシーンがもったいなかった。勝者は「神がこのスポーツを長く続けさせてくれたことを感謝している。あまり良い試合にならなかったけど、彼は柔道の金メダリストで、俺に柔道を仕掛けてきたんだ。強くなってカムバックし、対戦相手をブッ飛ばしてやる」とファンにアピールした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie