この星の格闘技を追いかける

【UFN89】伝説──グリフィン×ボナーの再戦?! ボッセがオコネルに殴り勝つ

<ライトヘビー級/5分3R>
スティーブ・ボッセ(カナダ)
Def.3-0:29-28.29-28.29-27
ショーン・オコネル(米国)

ボッセが右を振って前に出る。さらにワンツーからフックを打ち込むが、オコネルも足を止めてフックを返していく。足を使うようになったボッセの連打で、右目を気にしたオコネルが、ここで左フックを3発打ち込んでダウンを奪う。立ち上がったボッセが右フック、オコネルは左フックから右、さらに左フックを打ち込むとボッセの動きが止まる。ここで組みにいったオコネルがボッセをケージに押し込む。体を入れ替えつつ残り1分で離れた両差は、またも足を止めて打ち合い、オコネルがヒザ蹴り。ボッセはスピニングバックフィストを入れる。ボッセはシングルレッグでテイクダウンを狙うが失敗。ここで荒野の決闘、初回が終わった。

2R、またも足を止めて殴り合う両者。互いにフックを打って、打たれる。これが最善の策なのだろうが、一旦呼吸を取ったオコネルがケージにボッセを押し込む。3分を経過したところで、またもフックの交換へ。ボッセがダウンを奪うと、パウンドからトップを取る。右のパウンドを落としたボッセ、オコネルは蹴り上げを見せる。ヒザを着いて連打するボッセを抱えるオコネル。右に回ったボッセは鉄槌を連打。足を戻すオコネルだが、アップキックを捌かれサイドを許す。スクランブルに持ち込み、殴られながら立ち上がったオコネルにボッセはヒザ蹴りから右フック。オコネルもヒザを蹴り返した。


最終回、1分を経過するところで、決戦開始。殴りある両者、ボッセはスピニングバックフィスト。手を休めると、ハイタッチを見せた両者。一旦離れてから、距離が近付くとオコネルが左を打ち込む。ここは殴り合いにならず、ボッセが足を使う。ボッセのボディから激しいパンチの交換に突入するが、さすがに手数は減ってくる。と、オコネルが左フック。ここからまた激しい打ち合いになり、オコネルのヒザから左でボッセの動きが止まる。と、オコネルもパンチでなく組んでテイクダウン狙いへ。

ケージ際から離れた両者、残り40秒で拳の交換が始まる。ボッセの右を被弾して組んだオコネル。ボッセは右を入れるが、左から右を被弾。ヒザが崩れそうになりながら、殴り合いタイムアップを迎えた両者。TUFシーズン01決勝をフォレスト・グリフィン×ステファン・ボナー戦を思い起こさせる激しい殴り合いに観客はスタンディング・オベーションを送った。

そしてオワタの観客はボッセの勝利により盛り上がった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie