この星の格闘技を追いかける

【WJJC2016】レアンドロ・ロが5年連続世界王者に。ミッドヘビーは2連覇、ホミーニョは涙の引退

Mid Heavy【写真】ライト、ミドル、ミッドヘビー級と3階級に渡り5年連続の世界王者となった怪物ロ(C)MMAPLANET

Lo vs Rominho2日(木・現地時間)から5日(日・現地時間)にかけて、米国カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。

レビュー第7弾となる今回は、絶対王者レアンドロ・ロと大ベテランホムロ・バハウが再び相見えたミディアムヘビー級決勝の模様をレビューしたい。

<ミディアムヘビー級決勝/10分1R>
レアンドロ・ロ(ブラジル)
Def. by
ホムロ・バハウ(ブラジル)

Rominho vs Santana今年のヨーロピアンを制したものの、パン大会ではレアンドロ・ロに敗れたベテランのホムロ・バハウは準々決勝で、パスガードの名手ムリーロ・サンタナを見事に崩して一回転させての¥スイープに成功。その後もサンタナのプレッシャーに対し足を効かせて勝利した。

Rominho vs Gaudio続く準決勝でバハウはパトリック・ガウジオと対戦。序盤の三角絞めを凌がれてマウントを奪われる等、8-0でリードされる苦しい展開ながらも、後半に大反撃を開始してパスからクロスチョークで逆転勝ち。場内大歓声のなか決勝に進出した。

Lo vs Keenanもう一方のブロックから上がってきたのは、昨年この階級を制して3階級制覇を達成したレアンドロ・ロ。準決勝ではキーナン・コーネリアスと対戦。相手の両下肢を自分の両足で挟み付けるきわめてクラシカルなスイープを決めて勝利している。ちなみにロは、前日の無差別級でも同じスイープをコーネリアスに決めて勝利しており、その技術の高さを改めて見せつけたことになった。

Lo vs Rominho 01そして決勝戦においても、早速引き込んでクローズドガードを作ったロは、コーネリアスに2度決めたのと同じスイープを決めて2点を先制してみせた。バハウは代名詞のスパイダーダードを作るが、ロは背筋を伸ばして足を解除すると十八番のニースライドパスを迅速で仕掛け、嫌がったバハウのバックを取りかける。なんとか前転して凌ぐバハウ。

Lo vs Rominho 02次にバハウは、下から左足をこじ入れてロの右足を引き出そうとするが、自らもこの動きを得意とするロは両手でバハウの両足を掴み、下に押し下げることで絡みを緩めて右足を抜く。今大会、2度にわたるコーネリアス戦でワームガードを完封していたロは、バハウの得意の仕掛けもことごとく切ってゆく。

Lo vs Rominho 03やがてバハウの左足を取ったロは、それを横に払っての一瞬でパスに成功。リードを5-0と伸ばしてみせた。やがてバハウは体勢をスパイダーに戻してみせるが、その後もロは盤石の安定感でバハウの仕掛けを切っては、パスのプレッシャーを与え続けた。

終盤は両者動きが少なくなり、勝負ありの感が漂うことに。残り時間数秒の時点で、両者は自発的に攻防を終了。ロが大先輩のバハウの手を取って起こすと、両者はハグをした。

そのまま自らの黒帯を解いたバハウは、それをロの腰に巻いて両者が再びハグ。かつての世界王者が、現在の世界王者にトーチを渡す形となった。バハウの引退の意志を理解した場内は、スタンディングオベーションで涙に暮れる英雄を称えた。

Lo vs Romihoバハウはその後爽やかな表情で「この5年くらい引退を考えていたんだ。今回、僕の小さな道場から(ナジミ、アルジェス、バハウの)3人が決勝に進出した。だから僕の世界大会での仕事はもう十分だと思う。永遠にね。

今日の敗戦について言い訳はしないよ。ロはタフな相手だ。ベストの体調でも結果は変わらなかったと思う。気分はいいよ、これからは僕の生徒たちの未来を楽しみにしているよ」と語り、世界大会からの引退を表明。


ヒザの怪我で本来の動きが見せられないなかでの準決勝で大逆転勝ちは、見事な最後の一花だったと言えるだろう。そして稀代のテクニシャン、バハウのガードからの仕掛けをことごとく潰してみせた絶対王者、ロ。世界最高峰の舞台にてごくクラシカルなスイープを何度も決めてしまうところに、その怪物性が際立っていた。

■リザルト
【ミディアムヘビー級】
優勝 レアンドロ・ロ(ブラジル)
準優勝 ホムロ・バハウ(ブラジル)
3位 キーナン・コーネリアス(米国)
3位 パトリック・ガウジオ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie