この星の格闘技を追いかける

【KSW34】ナルクンがアップキックから、飛びヒザでジャカレを破りベルトを守る

<KSWライトヘビー級選手権試合/5分3R>
トマス・ナルクン(ポーランド)
Def.1R1分46秒 by TKO
カッシオ・ジャカレ(ブラジル)

2月16日の修斗ブラジルで元UFCファイターのホニー・マルクスをヒールフックで破ったばかりのジャカレがナルクンの持つKSWライトヘビー級王座に挑戦。まずは左ローを見せたジャカレは、シングルレッグでテイクダウンに成功する。頭を抱えるナルクンはオモプラッタをスラムされるが、腕十字へ移行。ジャカレは担ぎパス狙いも、ナルクンが顔面に蹴りを入れる。軽い蹴りだったが、ドクターチェックを受けるジャカレ。反則ということもあり、ジャカレがトップで試合が再開される。

腰を切って腕十字に出たナルクンをスラムしたジャカレは、アップキックを2度、3度と受け動きが鈍る。起き上がったナルクンは狙いすました飛びヒザを決めるとジャカレはダウン。シングルを仕掛けるもパウンドを連続で受けて動きが止まり、レフェリーが試合をストップした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie