この星の格闘技を追いかける

【Bellator151】2Rまでのリード、タイマングロが守り切る

<バンタム級/5分3R>
ジョー・タイマングロ(グアム)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
サーワン・カカイ(スウェーデン)

サウスポーからサイドキックを見せたタイマングロは続いて右ローを蹴っていく。続いてオーソに構えを変えテイクダウンフェイント、右ストレートを伸ばす。カカイは間合いを計っていると、タイマングロが飛びヒザ蹴り。カカイは鋭い左フックを放つようになる。そのカカイの左ヒザを触れてから鉄槌を2つ見せるというユニークな攻撃を見せたタイマングロはスイッチを織り交ぜながら、左ストレートでカカイにヒザを着かせる。ローと見せかけ足払いを仕掛け、カカイのテイクダウン狙いはがぶってアナコンダチョークに移行したタイマングロ。

ギロチンに移行したが、カカイが頭を抜きトップからパンチやエルボーを落とす。自分のペースで戦えない時は脆さを見せるきらいがあるタイマングロは背中を譲って立ち上がり、胸を合わせるも再びテイクダウンを許す。タイマングロはエルボーを受けながらラウンド終了を迎えた。

2R、やや口が開き気味になったタイマングロは、カカイのダブルレッグに右アッパーを合わせようとする。これはクリーンヒットせず、カカイのプレッシャーが強まる。タイマングロは左を振るいながらニータップも決まらない。カカイはワンツーを打ち込む。手数が減ったタイマングロに対し、自然とカウンター狙いのカカイの攻撃も目減りする。残り10秒でシングルに出たタイマングロだが、これも決まらず。互いにレンジの外にいる時間が長い5分間となった。後手に回ったカカイは序盤の2つのラウンドを落としたか。

最終回、ハイからシングルレッグ、離れ際に右を放ったタイマングロに対し、カカイが左フックを返す。続いて右ローを入れたカカイは、タイマングロの前進に左フックを合わせる。直後にカカイが組んで肩口にタイマングロを持ち上げてスラム。すぐに立ち上がったタイマングロはケージにカカイを押し込むもテイクダウンには至らなかった。

残り2分、ケージ中央でフックを振るいつつ組みにいったカカイがバックに回りこむ。タイマングロは胸を合わせつつ体を入れ替えダブルレッグへ。エルボーを落とされクラッチを解いたタイマングロのスピニングバックフィストは空振りに。残り1分、打撃の間合いになるも2人とも疲れが目立つ。打撃から組むという展開のなかで、タイマングロはカカイにケージに押し込み、足を止めての打ち合いでフックを被弾する。攻める姿勢を見せつつ守りのファイトになったベイビー・ジョーが3‐0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie