この星の格闘技を追いかける

【GRACHAN22 X BRAVE FIGHT12】圧勝・芦田崇宏、山本琢也&東修平の勝利でタイトル戦線活性化?!

Takashiro Ashida【写真】パンチの切れは抜群だったが、戦い切ることを目標にしていたような大迫の前にフィニッシュできなかった芦田 (C)MMAPLANET

28日(日)、東京都江東区ディファ有明でGRACHAN22×BRAVE FIGHT12が開催され芦田崇宏が1勝3敗という厳しい時を過ごした2015年を終え、2016年初戦を勝利。フェザー級で国内外でベルトを巻くことを公約とした。また山本琢也、東修平がライト級&バンタム級でGrachanタイトル戦線を底上げする勝ち星を得ている。

Ashida throws Left straight<フェザー級/5分2R>
芦田崇宏(日本)
Def.3-0
大迫元喜(日本)

ケージ中央で激しい睨み合いは、凄まじいパンチの応酬となった。左ストレートで飛び込み大迫をケージ際に追い込む芦田。

大迫はここでガードを固めて試合開始直後から10分間を戦い切ることを目標とした持久戦のような展開を選択。芦田の攻撃が収まったところで、右の素早い蹴りを狙っていく。これをブロックした芦田の攻撃に大迫はすぐにケージを背にする。頭がぶつかる、まるでケージ・ボクシングのような展開のなか圧倒的にパンチを入れ続ける芦田が大迫を圧倒する。大迫も一発に全ての力を集約させたようなパンチを振るっていくと、芦田が組んでケージに押し込んだところで初回が終了した。

Ashida vs Osako2Rに入ってもケージを背負った大迫に芦田がラッシュを掛ける状況が続く。気迫で立ち続ける大迫に対し、芦田がダブルレッグでテイクダウンへ。ここで大迫が尻餅をついた状態でケージを背にして左のパンチを落としていく。

後方へやや強引な崩しを狙った芦田、スプロールした大迫がスタンドへ戻ると、試合の風向きが変わる。ついに攻め疲れがパンチで体の軸がやや乱れるようになった芦田は、大迫のパンチを被弾するシーンも。ここで芦田の攻めは力ずくのテイクダウンへ。

パンチを耐える精神戦を戦ってきた大迫に対し、この攻撃が功を奏した。背中をマットに着けた大迫に芦田はマウントパンチ、最後は後方から顔面にパウンドを受ける状態でタイムアップを迎えた。判定結果は当然のように3-0で芦田に。「今年1発目の試合で勝てました。今年は爆勝します。ベルトを絶対に取ります」と勝者は力強く宣言した。

Takuya Yamanoto def Ukyo Abe<ライト級/5分2R>
山本琢也(日本)
Def.1R2分45秒by TKO
阿部右京(日本)

開始直後にシングルからテイクダウンを狙った阿部は、これを防がれると跳びつき三角を狙う。さらにオモプラッタに移行し、腕を抜かれるやシングルレッグでドライブしてバックに回り込む。

ボディロックから後方への投げ、立ち上がり際にバックを制した阿部がバックマウントを成立させる。怒涛の勢いで山本を攻める阿部だったが、山本は手首を捕まえてRNCを阻止する。さらに胸を合わせて上体を起こした山本が右のパンチを顔面に落としていく。

ハーフからもう一方の足を取りに行った阿部に対し、山本がこれを切って強烈な勢いでパウンド連打。どの段階かで意識が飛んだのか阿部の体が伸びてレフェリーが試合をストップした。2013年の全日本アマ修斗ウェルター級王者が、22歳の誕生日を目前に控え飛躍となりえる一勝を手にした。

Shuhei Higashi<バンタム級/5分2R>
東修平(日本)
Def.2-0
中村謙作(日本)

煽り映像で熱く「ケージのなかで、拳で会話しましょう」と語っていた東が、その言葉を実践するように試合開始からパンチでラッシュを掛ける。

さらに首相撲からヒザ蹴りを繰り出す東。中村の投げにもすぐに立ち上がってケージに押し込んだ東は、自ら離れて左ミドルと手数を緩めない。

しかし、これだけの勢いをもって攻めると当然スタミナに影響を及ぼす。1Rの中盤には足が揃い、打撃の回転に陰りが見えてきた東に対し、中村の打撃の精度が上がってくる。東の攻撃はローが中心となり、逆に中村が左右のフックを狙うシーンが多くなる。ここから、東にとっての拳の会話が始まり、自らが優勢でなくても打撃で応える展開に。

2Rに入っても拳による会話が続き、中村が投げを打って違う局面を探る。これを潰しバックに回った東、RNCは極めきれなかったもののトップを制して中村を削ることに成功する。スクランブルからスタンドに試合が戻ると両者は軸が乱れ、拳を振り回すようなスタミナの限りを尽くしての殴り合いへ。そのままタイムアップとなり、東が2-0の判定をモノにした。殴りのなかで組み負けなかったことが、東を勝利に導いた。

GRACHAN22 X BRAVE FIGHT12
<フライ級/5分2R>
○長澤伸昭(日本)2R
判定
×朝日向大貴(日本)
<ライト級/5分2R>
○下山大介(日本)2R
判定
×小林拓伍(日本)
<バンタム級/5分2R>
○TAKAO(日本)1R0分37秒
RNC
×関翔汰(日本)
<無差別級/3分2R>
○大山勇樹(日本)1R0分29秒
TKO
×オリバ(日本)
<バンタム級/5分2R>
─ 直斗(日本)1R1分00秒
NC
─小林亮太(日本)
<バンタム級/5分2R>
○東修平(日本)2R
判定
詳細はコチラ
×中村謙作(日本)
<フェザー級/5分2R>
○宇宙人(日本)2R
判定
×阿仁鬼(日本)
<フェザー級/5分2R>
○芦田崇宏(日本)2R
判定
詳細はコチラ
×大迫元喜(日本)
<ライト級/5分2R>
○山本琢也(日本)1R2分45秒
TKO
詳細はコチラ
×阿部右京(日本)
<ライト級/5分2R>
○山本勇気(日本)1R0分32秒
KO
詳細はコチラ
×出田貴大(日本)
<ウェルター級/5分2R>
○川中孝浩(日本)2R
判定
×鈴木増し増し(日本)
<フライ級/5分2R>
○鈴木隼人(日本)1R3分11秒
RNC
詳細はコチラ
×キム・ソクヨン(韓国)
<ウェルター級/5分2R>
○秀虎(日本)2R
判定
×中野勝敏(日本)
<フライ級/5分2R>
○板谷一樹(日本)2R
判定
×植木新(日本)
<女子特別ルール52キロ契約/3分2R>
○北野きゅう(日本)2R
判定
×桐生祐子(日本)
<フライ級/5分2R>
○竿本樹生(日本)1R4分08秒
ノースサウスチョーク
×清水修(日本)
<フライ級/5分2R>
○佐々木陽太郎(日本)2R
判定
×戸田大貴(日本)
<ストロー級/5分2R>
○松村慶(日本)1R2分57秒
TKO
×牧ケ谷篤(日本)
<キックLOKルール・65.6キロ契約/3分3R>
○高橋孝徳(日本)3R
判定
×勝俣裕基(日本)
<アマチュアキック・65キロ契約/2分3R>
○坂田秀光(日本)3R
判定
×井坂明人(日本)
<アマチュアキック・70キロ契約/2分2R>
○永井好明(日本)2R
判定
×小林厚史(日本)
<フライ級/5分2R>
○本田光樹(日本)2R
判定
×高山勇吾(日本)
<フェザー級/5分2R>
○池田考助(日本)2R2分10秒
RNC
×豚ラーメン将太(日本)
PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie