この星の格闘技を追いかける

【UFN82】勝負強さを見せたベナビデスが、マコウスキーを押し切る

<フライ級/5分3R>
ジョセフ・ベナビデス(米国/1位)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ザック・マコウスキー(米国/8位)

両者サウスポーに構え、まずベナビデスが左を当てる。ワンツーから前に出るベナビデスに対し、マコウスキーは序盤から後手に回る。と、その前進に見事なタイミングでシングルレッグを合わせたマコウスキーがテイクダウンに成功。すぐにスタンドに戻ると、ベナビデスは構わず距離を詰めてパンチを放つ。

組んでも倒せない状況が続くようになったマコウスキーだが、左フックを入れる。左フックから右を2発決めたベナビデスは、右ハイキックを見せるなど手数でマコウスキーを大きく上回る。オーソも織り交ぜるベナビデスが右フックをヒット。続いて左ミドルを決める。エルボー、ヒザ蹴りから右フックと攻め込むベナビデスから、マコウスキーも最後にボディロック&前方に崩しバックを取った。

2R、マコウスキーは左フックを打ち込み、続いてダブルレッグへ。これを防いだベナビデスは右ミドル、マコウスキーが左ストレートを伸ばす。ベナビデスは距離を詰めてヒザをボディに突き上げスッと下がる。前に出るシーンが多く、印象点で優るベナビデスだったが、シングルレッグでテイクダウンを許し、ボディロックで後方への投げを許す。しかし、ベナビデスは自ら勢いをつけて後方回転、そのままスタンドに戻る。

マコウスキーは左フックからシングル、フリップで後方に跳ね上げたベナビデスから上を取るも、無理をせずスタンドに戻る。ベナビデスがテイクダウンへの警戒心が強まったか、組みへのリアクションが大きくなる。組まれてヒザを狙いながら抱えられたベナビデスはスラムで落とされる。続くスクランブルでバックに回ったマコウスキーがスタンドながら両足をフック。ベナビデスは胸を合わせたものの、この回はマコウスキーがとってもおかしくないラウンドとなった。

最終回、引き続き前に出る戦いを見せるベナビデスは、マコウスキーが組んできても押し返す。しかし、ここでも組みへの意識が強くなりすぎて、ヒザ蹴りを被弾しそうになる。続くテイクダウン狙いはがぶって防いだベナビデス。マコウスキーは打撃の数で劣るため、テイクダウンが必要になる。

倒されないよう見せパンチを増やしたベナビデスはテイクダウンを切ると、ヒザを繰り出すようになる。テイクダウンができないマコウスキーは、逆にケージに詰められヒジを被弾する。手数で圧され、テイクダウンを決めらないようになったマコウスキーは腰高の打撃戦でフックを被弾しバランスを崩す場面も。最終回を押し切ったベナビデスが、3‐0の判定勝ちを収め「15分で僕を止めることはできない」と語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie