この星の格闘技を追いかける

【UFN82】ローとスラムでバークマンがKJからフルマークの判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ジョシュ・バークマン(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
KJ・ヌーン(米国)

素早い左ジャブを見せるKJ。サウスポーのバークマンはオーソを交え左ローから左ミドルを狙う。左右のローでバークマンはKJの前足を削っていく。自ら距離を詰めることができないKJは、左ミドル&右ローを被弾する。バークマンが左右のフックで前に出ると、左に回って距離を取ったKJだが、パンチが一度も届かないまま残り20秒に。バークマンの左ハイを受けそうになり、距離を詰めたKJは前蹴りから右フックを入れるも、逆にバークマンも左フックを返し初回が終わった。

2R、KJが開始直後に右フック。ローを受けてサウスポーに構える場面も。バークマンは左足に組みついてKJをケージに押し込むと、ダブルに切り替え大きくスラムで叩き落とす。抑え込むつもりはサラサラないバークマンは、スタンドに戻り引き続きローを放つ。そのローに左フックを合わせたKJだが、次の手がない。さらにローを続けるバークマンが距離を詰めてフックを狙うと、KJの右フックを被弾する。

急ぎ離れたバークマンはロー以上の攻撃はないものの、勝利を得るにはこれで間違いではない。ただし、観客席からブーイングが起こるのも当然。バークマンは前に出て首相撲、KJがボディを連打で返し、離れたところでスピニングバックフィストへ。ここで2Rも終わった。

レフェリーからもう少し動けという言葉があって始まった最終回。パンチが荒くなったKJにバークマンが組みつく。離れてローを入れたバークマンを追いかけてKJが左を当てる。さらに大きな振りで前に出て、左フックを打ち込むKJ。動きが止まったバークマンが組んでヒザ蹴り。離れたKJが右フックをヒットする。プレッシャーを受け下がるバークマンはヒザを胸に受けながら組むが、KJが離れる。バークマンはローも力がなくなり、組んで逃げ切りを図る。

残り2分、離れたKJに左ミドルを入れたバークマン。KJは頭を下げたところに蹴りを被弾しそうになるも、ここはブロック。しかし、これで前進を止めたバークマンがダブルで押し込み時間が過ぎていく。ケージに押し込まれたままエルボーを落とすKJはついに大きく肩に担ぎあげられテイクダウンを許してしまう。そのままトップをキープしパウンドを落としたバークマンがフルマークで判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie