この星の格闘技を追いかける

【UFC162】復帰のムニョス、TD&パウンドでボッシュ下す

2013.07.07

<ミドル級/5分3R>
マーク・ムニョス(米国)
Def.3-0: 30-26, 30-27, 29-28
ティム・ボッシュ(米国)

ボッシュが前蹴りから組みついて、テイクダウンを奪う。後方に投げ返したムニョス、すぐに立ち上がったボッシュが、豪快にダブルレッグでテイクダウンを再び決める。出鼻をくじかれたムニョスは、立ち上がって向かい合うと距離を取る。パンチを振るい、ヒザを見せながらボッシュが組みつく。ムニョスはケージを背にした状態で、ボディロックからテイクダウンへ。

立ち上ったボッシュの両脇を差したムニョスがバックに回る。前転して逃れようとしたボッシュは、ムニョスのダブルレッグに対しギロチンへ。一度は頭とは逆側に足を置いて耐えたムニョスだが、ボッシュは足を戻すと後方へリバーサル。スクランブルの攻防から立ち上がった両者が、激しい打撃戦を見せる。

この打ち合いで優位になったムニョスはケージにボッシュを押し込む。ケージ際で体を入れ返す両者、クラッチを放したムニョスがパンチを打ち込み、シングルを仕掛けたところで初回が終了した。2R序盤、跳び蹴りなど派手な展開からケージ際の組み合いが続く。距離を取ったムニョスは、ボッシュの前進でヒザを受けるが、ここでもボディロックからテイクダウンへ。潜って、シングルを狙ったボッシュ。バックに回ったムニョスが、鉄槌を落す。

足を取りに来たボッシュのボディに思い切りパンチを落したムニョスは、立ち上がったボッシュを再び倒すと、強烈なパウンドを落していく。亀からシングルでしがみつくボッシュ、右脇を差して立ち上がる。ボッシュのダブルレッグを潰し、脇腹に再び強烈なパウンドを入れるムニョスは、バランスを取りパンチを入れ続け、立ち上がろうとしケージを背負ったボッシュのボディにヒザ蹴り、さらにパウンドを顔面に入れて2Rをモノにした。

最終回、スーパーマンパンチから組みついたムニョスにギロチンを見せたボッシュ。首を抜いて立ち上がろうとしたムニョスにワールドを見せる。体をロールして逃れバックを取ったムニョスは、向き合ってシングルを狙うボッシュに鉄槌を連打する。クォーターから鉄槌、パウンドを入れるムニョスがバックに回って、ボディに頭部にパウンドを打ち込む。潜るボッシュは、足関節を狙うも足を畳んで潰したムニョスのパウンドがその顔面を襲う。

キムラアームロックからハーフから仕掛けたムニョス、腕を抜いたボッシュだが、ここでも脇腹と顔面にパウンドを受ける。と、リアネイキドチョークを仕掛けたムニョスは、ディフェンスに合せてトップを取ると、引き続きパウンドへ。一度は体が伸びたボッシュ、亀からヒザ十字、ヒールフックと最後まで逆転を狙うが、足を引き抜いたムニョスが2度に渡り、大きくジャンプしながらパウンドを落し、試合をまとめた。結果、1年ぶりの試合復帰でムニョスが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie