この星の格闘技を追いかける

【UFC194】初回のピンチを乗り切ったジャカレを押し切ったロメロが、次期挑戦権獲得?

<ミドル級/5分3R>
ヨエル・ロメロ(キューバ/3位)
Def.2-1:29-27.29-28.28-29
ジャカレ・ソウザ(ブラジル/2位)

軽く右ミドルを見せたジャカレ。ロメロは飛び上がる様に左ミドルを返す。右ストレートを伸ばし、フックの気配を窺わせるジャカレが右ボディストレートを伸ばす。ジャカレは
プレッシャーを強め左ボディアッパーを当てる。右に移動しながら左フックを振るったロメロだが、これはジャカレがしっかりとガードする。ジャカレの右とロメロの左が交錯、一瞬ロメロがオーソを取る。左のミドルからスピニングバックフィストを放ったロメロ。この一発をモノに被弾したジャカレがダウンしガードを取る。

ハイガードに即反応したロメロがパンチでラッシュを掛ける。ヒップスローを潰し、足を抱えに来たジャカレに思いパウンドを連打するロメロ。さらに左エルボーを入れるとジャカレは腕十字へ。腕を畳んで抜いたロメロが左エルボー、ジャカレは腰を切って腕十字も反応したロメロがバックからパウンドを連打し初回が終了した。すぐに立ち上がれないほどダメージを受けたジャカレは足下をふらつかせながらコーナーに戻った。

2R、攻め急がず待ちの姿勢のロメロ。ジャカレも回復に時間を当てたか。2分が経過し、右フックを見せたジャカレが前蹴りと手数を増やす。オーソのロメロが左ストレートを伸ばす。ジャカレは飛び込むようにテイクダウンを狙いダブルからシングル、ボディロックのジャカレの仕掛けにロメロがケージを掴む。そのままバランスを崩したジャカレに対し、トップを取ったロメロだがレフェリーが試合を止めて注意を与える。

もう一度ケージを掴むと1P減点を宣言されたロメロに、ジャカレは勢いのあるボディを入れる。さらに右ミドルを放ったジャカレに対し、ロメロはスタミナを切らし始めたか。右を被弾したロメロは、テイクダウンこそ切るが動きはグンと落ちる。ジャカレは前蹴り、ロメロが左ロー。ここでタイムアップとなり、ロメロは大きく口を開けて肩で息をした。

最終回、ジャカレはオーバーハンドから右前蹴りを入れる。さらに右ローから前蹴り、ロメロはテイクダウンのフェイクを見せて左ジャブを伸ばす。左を入れたロメロは続いて左ローを蹴り込む。ジャカレのテイクダウンを切ったロメロ、ならばと右ミドルをジャカレが放つ。ロメロの左アッパーにも前進を続けるジャカレは右前蹴り。さらに左から右フックを伸ばし、ケージにロメロを押し込むと連打からダブルレッグでテイクダウンに成功する。ハーフのロメロに右をパンチを連打し、肩固めを狙う。

上体を起こしたロメロを潰し、ジャカレは左エルボー&パンチを連続で落とす。残り1分、ジャカレはもう一本の足を抜きに掛かり、バックを窺う。ここで立ち上がったロメロが組みつき試合はタイムアップに。同時に右手を挙げる両者。

10-8が増えたUFCでは、初回は10-8の可能性もある。そして最終回はジャカレ。2Rがどのように判断されるか。結果、スプリットでロメロがジャカレを下しタイトル挑戦はという問いに「皆が認めてくれるなら」と答えた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie