この星の格闘技を追いかける

【Glory26】強烈なヒザ蹴りを顔面に。ユルキがオブロンスキーを倒し、決勝進出

<Gloryフェザー級トーナメント準決勝/3分3R>
マイコル・ユルキ(ブラジル/5位)
Def.2R1分30秒by KO
シェーン・オブロンスキー(米国/2位)

今年の初めに早逝した実妹の遺影を手にリングに向かったオブロンスキー。ユルキのローに対し、オブロンスキーは後ろ回し蹴り。コーナーに詰まったオブロンスキーにユルキがワンツーを打ち込む。オブロンスキーも左フックを返すが、直後にユルキを大きく投げて注意が与えられる。ユルキの左フックから左ハイを被弾したオブロンスキーは、さらに強烈なローからハイを狙われる。ボディからローと繋げたユルキは右フックをヒットさせる。荒いフックを打つたびに、逆にフックを被弾するオブロンスキーは、左ローを受けて体がつんのめる。最後もワンツーから右ローを決めたユルキがラウンドと取った。

2R。ユルキのガードの上から右フックを打ち込むオブロンスキー。続いて後ろ回し蹴りとやや落ち着きを取り戻す。そのオブロンスキーにユルキは左ボディフックを入れ、左ミドル、姿勢の乱れたところに右ヒザを突き上げてダウンを奪う。立ち上がったオブロンスキーはボディにヒザを突き刺され2度目のダウン、ユルキが決勝進出を決めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie