この星の格闘技を追いかける

【UFN79】フラフラ、死力を尽くした勝負でバン・テヒョンがスプリットものにする

<ライト級/5分3R>
バン・テヒョン(韓国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
レオ・クンツ(米国)

意義を激しく交錯させる両者。と、クンツのダブルの左ジャブにバン・テヒョンの左フックがヒット。倒れ込んだクンツがパウンドの追い打ちをかけ、起き上がってきたところでギロチンをバン・テヒョンが仕掛ける。時間を掛けてクンツが頭を抜き、試合はケージ際の組み合いへ。クンツのヒザ蹴りでレフェリーがブレイクを命じると、バン・テヒョンの左目尻が大きく切れている。

再開後、バン・テヒョンの前進にクンツが右ストレートも、スピニングバックフィストからフックを被弾しラッシュを掛けられる。クンツはシングルレッグも切ったバン・テヒョンが、ヒザを連続で顔面へ。必死に押し込んで尻餅をつかせたクンツ、バン・テヒョンががぶりを振り切って立ち上がる。右から左を伸ばすバン・テヒョン、クンツも踏み込んで右を入れる。カットを気にする素振りを見せたバン・テヒョンだが、最後もフックをいれて初回を取った。

2R、ロングの右を打ち込むバン・テヒョンの圧力の前に組でいくクンツ。シングルからバックに回りこもうとしたが、バン・テヒョンが胸を合わせる。距離を取った両者、バン・テヒョンは被せるような左フックを見せるものの、踏み込みがやや弱まったか。それでもクンツの前進にパンチを合わせていくバン・テヒョンだったが、残り2分強でダブルレッグでテイクダウンを奪われる。

背中を預けたバン・テヒョンをバックマウントに捉えたクンツがRNCへ。絞めはルーズで胸を合わせたバン・テヒョンが振りかぶってパウンド。この隙にクンツが立ち上がる。両者、かなりスタミナをロスし動きが遅くなり、2Rが終了した。

最終回、バン・テヒョンが左をヒット。クンツも左を返し、シングルレッグからドライブ。そのままテイクダウンを狙ったクンツに対し、バン・テヒョンが渾身の力を込めてギロチンへ。フルガードから締め上げるも、組み続けることができない。背中をペタっとマットにつけてしまったバン・テヒョン。なんとかケージ際に移動したところで、なぜかレフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻った両者、続く組み合いではバン・テヒョンがバックを伺うシーンも。クンツはすぐに離れ前蹴り。バン・テヒョンが右フックを入れる。

両者、疲労もピークのように軸が乱れるなかクンツがサイドキックを放つと、バン・テヒョンが右フックを返す。ここで試合はタイムアップとなり、スプリットの判定の末バン・テヒョンに凱歌が挙がり、場内大爆発となった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie