この星の格闘技を追いかける

【UFN79】ブーイング連発。非常にコンタクトが少ない試合でベルトランが勝利

<バンタム級/5分3R>
マルコ・ベルトラン(メキシコ)
Def.2-1:29-28.29-29.28-29
ニン・グォンユ(中国)

サイドキックを見せたベルトラン。サウスポーのニンは距離を取る。テコンドーの母国でスイッチしてサイドキックを放つベルトランは右ハイも距離が遠い。ニンも左ミドルを見せるが、これが急所に入り試合が中断される。再開後もハイ、後ろ回し蹴りとキックを多用するベルトランだが、どれも距離が遠い。ベルトランは距離が詰まると軌道を変える蹴りを繰り出すが、とにかくコンタクトが少ない内容に場内からブーイングが起こる。それでも足を使い続けるベルトランが、最後にテイクダウンに成功した。

2R、すぐに組んでテイクダウンを奪ったニン。ベルトランが一度立ち上がるが、再び倒す。ニンはパウンドを落とすが動きが少なく、ブレイクが掛かった。手数の少ない両者に場内は再びブーイング、ベルトランの右ハイをブロックしたニンが前に出るもプレッシャーを掛けきれない。お見合いが続く試合は最終回へ。

相変わらず手数が少なく、相手が前に出ると下がるという攻防を繰り返す両者。ニンがハイキックをキャッチしてケージに押し込むもテイクダウンには至らない。離れたベルトランに左ストレートを伸ばしたニンだったが、逆に続く攻防でパンチを被弾し、首相撲からヒザ蹴りを連続で腹に被弾する。そのままケージ際での組み合いが続いた一戦はスプリットでベルトランが勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie