この星の格闘技を追いかける

【VTJ in Okinawa】飛鳥拳、安谷屋のパンチ&TD狙いに苦戦も辛くも判定勝ち

<フライ級/5分3R>
飛鳥拳(日本)
Def.2-0:29-28,29-28,29-29
安谷屋智弘(日本)

新人王からインフィニティT優勝も、王者が同門内藤のび太ということもあり、次なるステップを模索中の飛鳥が北米レギュレーションのフライ級と、従来より1階級重いクラスで戦う。対する安谷屋は沖縄を主戦場とする安谷屋。修斗上位ランカーに対し、安谷屋はシングルレッグからケージに押し込んでいく。

体を入れかえた安谷屋はテイクダウン狙いから離れ、すぐに組んでケージに飛鳥を押し込んでいく。左を差され体が伸びた飛鳥は、逆に押し返し両ワキを差す。飛鳥の小外掛けにもケージを背にして倒れない安谷屋が、またも飛鳥をケージに運ぶと右フックをヒット。離れた飛鳥が左ローを蹴り込むが、逆に右フックを被弾する。低い構えからフックを振り回し組みにいく安谷屋に対し、飛鳥はワキを潜ってバックへ。キムラロックからテイクダウンを奪った安谷屋のペースで試合が進む。予想外の展開となった飛鳥はワンツーを受け、またもケージに詰まってしまう。

小内刈りでテイクダウンを狙った安谷屋だが、逆に飛鳥がテイクダウン。バックを譲りながら立ち上がった安谷屋は即胸を合わせる。飛鳥のハイキックにも、思い切り右フックを振るい前に出た安谷屋が初回を取った。

2R、打撃戦から組んだ安谷屋が、ケージに飛鳥を押し込む。体を入れ替えるなかで右ハイを飛鳥が見せるが、安谷屋は直後にフックから組んでケージに飛鳥を押し付ける。ケージ際の攻防が残り3分まで続くと、離れた飛鳥は距離を取って打撃戦へ。組みとの連携で後方からパンチを入れた飛鳥は、ワキこそ差すがなかなかテイクダウンを奪えない。

再び両者が激しくケージ際で体を入れ替える展開となり、飛鳥が離れてパンチを見せるが、ついに安谷屋がダブルレッグで尻餅を着かせる。飛鳥はすぐに立ちあがり、フックを振るうがまたも組まれる。バックを窺う飛鳥、胸を合わせに来た安谷屋から小外掛けでテイクダウンを奪ったが、ペースを掴むには至らなかった。

最終回、即組み合った両者。飛鳥はシングルもテイクダウンは奪えない。離れてからの打撃戦で飛鳥は右ロー。組んだ安谷屋はバックを譲るがキムラロックへ。飛鳥は距離を取り直すが、低い姿勢でダブルからシングルと安谷屋が攻め込む。飛鳥もさすがにテイクダウンは許さず、小外刈りからテイクダウン、立ち際にバックへ。安谷屋が胸を合わせるが、ここでダブルに入った飛鳥が取り切れずに離れる。飛鳥の右ローに、安谷屋がここもダブルからシングルへ。

体を入れ替えた飛鳥、打撃戦で安谷屋が右を入れる。ハイキックと同時にテイクダウンを仕掛けた安谷屋に対し、飛鳥が引き続きバックを窺う。続く打撃の攻防から、飛鳥がしっかりとボディロック&小外刈りでテイクダウンに成功する。それでも安谷屋がスクランブルにすぐに持ち込み、飛鳥のスイープ狙いにも立ち上がる。

必死にボディロックに取った飛鳥は、小外刈りから残り20でバックマウントへ。しかし、前方に振り落され、ガードを強いられる形で飛鳥は試合終了を迎えた。思わぬ苦戦を強いられた飛鳥、初回を失い3Rは取った。2Rの攻防がどう判断されるか。結果、2-0で飛鳥が辛くも判定勝ちを収めた。打撃を当てて、組む形まで入った安谷屋だが、クリーンテイクダウンが少なかったことで、遅れを取ったか。いずれにせよ、安谷屋は名前を挙げた判定負けとなった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie