この星の格闘技を追いかける

【ONE31】「もう一度期待してもらえるファイターに」。安藤晃司、フエルタに完全に打ち勝つ

<ライト級/5分3R>
安藤晃司(日本)
Def.3-0
ロジャー・フエルタ(米国)

勝てば青木真也の持つONE世界ライト級王座への挑戦を手繰り寄せることができるフエルタが、笑みを浮かべて安藤の待つケージへ向かう。そのフエルタは左サイドキックから左ロー、右前蹴りを見せる。安藤は左ローに右を合わせる。右フックも入れた安藤に対し、フエルタは頭を下げて右を伸ばすが、安藤は左ストレートを打ち込む。右から左をヒットさせた安藤、右ローも蹴り込みスピニングバックフィストをかわす。フエルタは左ハイから右ストレートを入れる。安藤は右フックを返し、激しい打撃の交換が見られる。

下がりながらも右を入れた安藤は、ヒザ蹴りのタイミングで組まれてバックを譲る。安藤は胸を合わせて離れると、ショートのワンツーを放っていく。サイドキックを見せるフエルタは遠い距離からストレートも、安藤は蹴り足をキャッチしてパンチを連続で入れる。奇声を上げながらパンチを振るうフエルタは、ローから右ストレート。安藤ショートのワンツーを打ち返す。さらに右ジャブを決めた安藤は右フックから左ストレート。ノールックでパンチを狙うフエルタに左ボディストレート&左ローと正攻法で攻めた安藤、実況陣はフエルタ押しだが互角以上の打撃戦を見せた。

2R、安藤の右ジャブにフエルタはワンツーから右ハイを連続で見せると、テイクダウン狙いから左フックを放つ。安藤は首相撲&ヒザ蹴りをボディに入れ、ショートのアッパーを2発、3発とアゴに打ち込む。フエルタはスピニングバックフィスト、ブロックした安藤が右ジャブでプレッシャーを掛け、ローに左を合わせる。左ストレートを顔面とボディに安藤が入れると、フエルタは右フック。さらにロー連打する。安藤はここで左ストレート、スピニングバックフィストをよけて再び左ストレートを入れる。

スタミナ切れをトリッキーな動きで誤魔化すようなフエルタの顔面を安藤が左ストレートで打ちぬく。ケージまで下がったフエルタは、ダブルレッグを狙うも、これを切った安藤ががぶりからヒザを頭部に放っていく。首相撲からヒザ蹴りを入れ、足を止めての打ち合いで打ち勝ち、テイクダウンを切ってヒザを入れる安藤は、下がるフエルタを追いかけてパンチを打ち続ける。フエルタも懸命に耐えるが、安藤は左ストレートから右ストレートを頭を下げてフックを振り回すフエルタに入れる。テイクダウンを切られたフエルタは足関節狙いから潜りを見せるが、安藤は鉄槌とパウンドを打ち続ける。残り30秒弱、立ち上がったフエルタに対し、クリンチアッパーを入れた安藤が2Rをビッグラウンドとした。

3R、フエルタは前蹴りを見せワンツー。安藤は右ジャブから右フックを振るっていく。またも左を決めた安藤は、続いて右フックもヒットさせる。足を使うフエルタを追いかけ、接近戦でフックを打ち合った安藤は、アウトから右フックを決める。蹴りを放つも勢いはないフエルタはケージを背にする場面が目立つ。安藤は常にプレッシャーを掛け、後ろ回し蹴りを受け流すと、左ストレートをしっかりと顔面に当てていく。背中を見せて間合いを取り直そうとするフエルタ、アッパーからシングルレッグも安藤が切って離れる。

安藤は左ストレートから右フック。続いて右ジャブ2発、左ストレート、再び右ジャブと攻撃の手を緩めない。フエルタもフックを返すが、踏み込みがないため威力はない。と、安藤は左ストレートをケージに詰まったフエルタに入れ、右に続ける。フエルタは右アッパーから左ロー、安藤は下がらず左を伸ばして前へ。左右のフックを入れた安藤はフエルタのアッパーにも左を伸ばし前へ。ワンツーからフックの打ち合い。最後の10秒で左ミドルハイを放った安藤は、フエルタに打ち勝ち試合終了とともに笑顔を浮かべた。

常に前に出て、パンチを受けても下がる打ち勝った安藤。5月の青木戦の敗北から再起を果たし「2Rに決めきれなかったのは予想外。フエルタ選手はタフで本当に尊敬します。タフな試合になる覚悟をもって試合に挑みました。前回の試合で期待してくれる人を裏切ったので、もう一度期待してもらえるファイターになりたいです」と語った。

PR
PR

関連記事

Movie