この星の格闘技を追いかける

【All Japan Amateur Shooto】別所を立たせず一條がフェザー級を、飯田はキーロックでウェルター級を制す

Feather & Welter Winner【写真】フェザー級優勝の一條とウェルター級優勝の飯田(C)MMAPLANET

22日(火・祝)、小田原市小田原アリーナで開催された第22回全日本アマ修斗選手権大会。2つのケージを持ち込み、初めて金網で開催された伝統のアマ修斗決勝戦から、フェザー級とウェルター級の模様を紹介したい。

Ichijo vs Bessho<アマ修斗全日本フェザー級(※61.2キロ)決勝/3分2R>
一條貴洋(ブレイブハート)
Def.2‐0:20-18.20-19.19-19
別所竜弥(アンドレイオス

打撃を入れられた一條がダブルレッグで別所を押し込む。ケージにもたれかかって立ち上がった別所だったが、一條はボディロックから後方にテイクダウン。そのままサイドから抑え込む。続いてスクランブルの攻防のなかで別所がギロチンで一條を捉える。これを防いだ一條がスタンドながらバックマウント、パンチを後方から入れるとうケージMMAならでは攻防で初回を締めくくった。

2R、パンチを被弾しながらテイクダウンに成功した一條が、パスしサイドへ。上四方から腕を獲りに行くも、ここは取り切れずインサイドガードに戻って息を整える。マウントからサイド、もう一度マウントを取った一條に対し、ガードに戻した別所も立ち上がろうと試みるが、しっかりと腰をコントロールされて立ちきれない。このままタイムアップとなり、一條が手堅く優勝を勝ち取った。

Iida<アマ修斗全日本ウェルター級(※70.3キロ)決勝/3分2R>
飯田建夫(マルスジム)
Def.2R1分49秒by キーロック
佐須啓祐(MASTER JAPAN)

まずはスタンドの打撃戦となったこの一戦。佐須が右ストレートを入れ、飯田が組みついてくると距離を取り直す。佐須はさらに左ハイを入れ、飯田の動きを止める。しかし、ここで打撃の追撃がなかった佐須に対し、飯田が組みついてバックへ。と、佐須は前転してヒザ十字へ。これを潰して試合がスタンドに戻ると、飯田が打撃で勢いよく攻め込む。その後は手数が少なくなり、飯田がバックを取って細かいヒザを入れ初回が終わった。

2R、佐須が右ローからダブルレッグでテイクダウンに成功する。ガードの飯田が立ち上がる。右を入れた飯田、佐須のダブルレッグを切ってトップに。飯田はサイドから袈裟固めへ移行し、そのままキーロックを極めて優勝。飯田は全試合一本勝ちで全日本を勝ち取った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie