この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX07】コーミエーがクリンチでミア完封。UFC初陣飾る

<ヘビー級/5分3R>
ダニエル・コーミエー(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-27
フランク・ミア(米国)

前蹴り、ハイキック、掛け蹴りと足技を見せるミア。続いて左ハイを放つが、コーミエーが距離を詰めていく。踏み込んできたコーミエーにヒザを見せたミアは、組まれてもテイクダウンを許さない。コーミエーががぶりから距離を取り、ハイキック。一度離れると、再びパンチから組みついてヒザを突き上げる。

ミアのヒザにボディを返したコーミエーは、ボディと顔面に交互に右のパンチを入れる。さらに首相撲からボディへヒザ、右ボディフックを連打する。ケージに押し込まれてヒザとボディ、ヒジを受けるミア、コーミエーが距離を取ると、前に出るが再びケージに押し込まれる。クリンチの攻防が続くなか、距離を取ったコーミエーがハイキックでバランスを崩すが、ミアのギロチンからはすぐに首を引抜く。ミアが蹴りを見せるが、効果はなくコーミエーが初回を取った。

2R、ジャンピングハイを見せたコーミエー。右ボディから左フックを放ったコーミエーが、組みつきケージにミアを押し込んでいく。1R同様ヒザからボディを攻めるコーミエー。スッと距離を取ると、右ストレートから組みつく。足を取りに行かないコーミエー、クリンチで押し込んでヒザ、ボディ、エルボーで削る作戦か。

再び距離を取ったコーミエーにミアが左ハイを繰り出す。残り2分、組み合いになるとコーミエーが優勢。ファンのブーイングのなかケージにミアを押し込む。離れ際に左をヒットさせたミア、コーミエーはミアを迎えうつと、体を入れ替えパンチを放つ。続く組み合いにブレイクが掛かり、試合をオクタゴン中央に戻ったが、そのままお見合いを続け2Rが終わった。

最終回、蹴り足を掴んでテイクダウンしようとしたコーミエー、ケージに押し込み右を放つ。続く打撃の距離の攻防でミアが左ミドルを2発入れると、コーミエーの顔色が変わる。しかし、続くミドルをキャッチし、バックに回ろうとしたコーミエーは、ミアが正面を向いてくるとパンチを2発打ち込む。ここからまたも押し込む展開が続き、レフェリーが再びブレイクを命じる。

左ミドルに下がったコーミエー。ミアは組みにいくも、体を入れ替えられ、シンングルレッグでテイクダウンを奪われる。スタンドで待ち構えたコーミエーが、単発のパンチからケージにミアを押し込むが、残り20秒でブレイクを命じられる。残り10秒、ミアに押し込まれ苦しそうな顔を見せたコーミエーだが、ここで試合はタイムアップに。コーミエーが全く危なげない判定勝ちを決めた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN