この星の格闘技を追いかける

【Grandslam03】大石真丈、竹本哲哉に打撃入れられ、極め狙いに完敗

Takemoto vs Oishi【写真】1R終盤の後ろ三角のクラッチを組まれたことが誤算だったか。仙人・大石がALIVEの若手に敗れた(C)MMAPLANET

<バンタム級/5分2R+EX>
竹本哲哉(日本)
Def.3-0:19-18,19-18,19-18
大石真丈(日本)

サウスポーの竹本が右ジャブから左ストレートを狙うと、大石も右ストレート&アッパーを見せる。竹本は下がらず左を返し、組みに行くような姿勢から左ボディを入れる。大石はローを見せるが、竹本が左フックをヒット。ならば大石はテイクダウンのフェイクから右を狙う。大石のシングルに対し、竹本はギロチンから引き込む。続くキムラに対し、一気にパスから上四方に回った大石が逆にキムラで攻めようとする。その刹那、両足をあげた竹本が後ろ三角の要領でクラッチへ。同時にキムラを極めに掛かると、残り30秒でキムラを解き、上を取った竹本がパンチを顔面に落としラウンドを締めた。

2R、ストレートを伸ばし、接近戦では細かいボディを連打した竹本。バッティングで大石が姿勢を崩すと、試合は一時中断へ。イエローを提示された竹本だが、再開後にすぐにテイクダウンを決める。ハーフの大石はリバースネルソンがネックロックを仕掛ける。頭を抜いた竹本は足を抜いて、キムラロックを取りつつマウントへ。自らサイドに回ってキムラ&トップコントロールの竹本は、最後にエルボーを落とす。結果はイエローで1Pマイナスがあったが、ジャッジ3者とも竹本を支持した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie