この星の格闘技を追いかける

【DEEP JEWELS09】キム・ジヨンが端を下し、バンタム級王者に。涙のマイクも◎

Kim Ji Yeon【写真】涙のマイクも好感度タップリだったキム・ジヨン。フィジカル、ボクシング、スクランブルで端を上回っていた(C)MMAPLANET

<DEEP JEWELSバンタム級選手権試合/5分3R>
キム・ジヨン(韓国)
Def.3-0
端貴代(日本)

鋭い左を伸ばすキムがプレッシャーを強める。端も左ジャブを伸ばすが、パンチではリーチの長いキムが有利。ならばと端は組んでキムをケージに押し込む。体を入れ替えたキムは左腕を差して手をクラッチし、バックを伺う。離れ際のパンチから距離を取った端が左を伸ばす。右ローを返した端は右ジャブも見せるが、キムが左だけでなく、右もヒットするようになり鼻血をみる。初回はキムのラウンドとなった。

2R、サウスポーからオーソに構えが変わったキムの勢いある右フックが端を襲う。ローも鋭いキムに対し、端は組んでケージへ。端のハイクロッチにも右腕を差して、左を小手で巻くキムは倒れない。頭をつける端の顔面にアゴを押し付けるえげつなさも見せたキムが離れると、左フックに端がシングルを合わせて尻餅を着かせる。残り30秒でブレイクが掛かる。直後にダブルでキムをケージにドライブした端だが、テイクダウンは奪えなかった。

最終回、左から右を見せたキムだが体の軸が乱れるように。端は左ジャブも踏み込みが甘くなってきた。両者が疲弊してきたなかで、左の相打ちもダウンしたのは端。ガードのなかに入ったキムは足を一本抜きハーフに。バックに回りこむキムを端はなかなか落とせない。懸命にバックに張り付くキムを残り1分でついに端が前方に振り落す。端が立ち上がって勢いのあるパウンドを落とそうしたところで、起き上がりながらシングルでリバーサルを決めたキムは、最後もバックに回りタイムアップへ。

判定は3-0でキムに。5年間、国内無敗だった端を破りキム・ジヨンがDEEP JEWELSバンタム級新王者に輝き、「練習が厳しすぎて、心身とも厳しかったですが、負けたくなかったから本当に頑張ってきました。端選手にお礼を言いたいです。端選手のおかげで色んなことを学ぶことができました。なぜ、こんなに涙が出るのか分からくて恥ずかしいです……。もっと練習して良い試合をします」と涙で語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie