この星の格闘技を追いかける

【UFC190】ガデーリャがWSOF王者アギラーに何もさせず圧勝、ヨアナ戦をアピール

<女子ストロー級/5分3R>
クラウジア・ガデーリャ(ブラジル/2位)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ジェシカ・アギラー(米国)

WSOF世界ストロー級王者からUFCに転じたアギラーのオクタゴン初陣。左ジャブを伸ばすアギラーを首相撲に捉えヒザを見せるガデーリャ。さらにワンツーからスリーまで伸ばす。右ローを返したアギラーだが、左ジャブを被弾し左から右フックを打ち込まれる。ローにも右を返されるなど、リーチの差に苦しむアギラーは、間合いを外そうとステップを踏むがミドルキックを受ける。ガデーリャは引き続き右ストレートから左フック、さらにヒザ蹴りと序盤で完全にペースを掴む。

引き続きガデーリャは右アッパーを入れ、アギラーも左右のフックを返すが左ジャブを被弾する。離れては左ミドル、左ジャブ、接近戦ではヒザ蹴りとリズムに乗ったガデーリャが右ストレートを打ち込む。さらにダブルレッグでテイクダウンを奪ったガデーリャがバックマウントへ。鉄槌を入れ、そのままポジションをキープし初回を圧倒的に取った。

2R、リズミカルかつパワフルなワンツーを続けるガデーリャ、右アッパーを受けたアギラーが後退を余儀なくされる。ケージにアギラーを押し込み、ボディロックからテイクダウンを奪ったガデーリャは、バックへ。アギラーは立ち上がると胸を合わせケージにガデーリャを押し込む。試合がオクタゴン中央に戻ると、ガデーリャが右フックをヒット。左ジャブでアギラーを突き放すガデーリャに対し、アギラーも右を伸ばす。やや動きが落ち着いてきたガデーリャは右アッパーを入れ、アギラーに反撃を許さない。それでも相打ちの段階まで持ち直したアギラーだったが、ガデーリャが残り10秒でテイクダウンを決めてラウンドを締めくくった。

最終回、左フック&ヒザ蹴りを入れたガデーリャ。アギラーの右ジャブにワンツーを入れる。アギラーのダブルからシングルも切ったガデーリャに対し、アギラーは右エルボーを放って離れる。大量の鼻血を流しながら、懸命に腕を出すアギラーだが、ガデーリャは右から左フックをヒットさせる。前に出るしかないアギラーに、より効果的なパンチを続けるガデーリャがローにワンツーを合わせる。最後まで手を出し続けたアギラーだったが、クリーンヒットはなくガデーリャが残り35秒でダブルレッグ。最後まで一方的に攻め続けたガデーリャがUFCのレベルの高さ見せるようにアギラーに圧勝したガデーリャは、ダナにタイトル挑戦をアピールした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie