この星の格闘技を追いかける

【UFC158】乱打戦も強いジョニ・ヘン、TDでコンディット破る

2013.03.17

<ウェルター級/5分3R>
ジョニー・ヘンドリックス(米国)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
カーロス・コンディット(米国)

サウスポーのヘンドリックスが、左を振るいながら前に出る。左に移動し、距離を取りなおそうとしたコンディットだが、再び左を受ける。ヒザを返したコンディットから、簡単にテイクダウンを奪ったヘンドリックスはスタンドで待ち受ける。右をヒットさせたコンディット、ヘンドリックスは乱打戦も強く、距離を詰めてテイクダウンにここでも成功する。立ち上がったコンディットのバックを取るヘンドリックスは足関節を察知し、トップをキープする。

クローズドガードを取ったコンディットはエルボーからハイガードを狙うも、ヘンドリックスはここでも自ら立ち上がる。コンディットのジャブや右ストレートを見切るヘンドリックスは、左から組みついてスラム。シングルへ移行し、踵を取ってテイクダウンへ。コンディットはケージを蹴って後方回転、がぶられるも立ち上がる。

跳びヒザから距離を詰めたコンディットに、ヘンドリックスが強力なアッパーを入れる。コンディットはキムラからグラウンドへ移行し、亀になったヘンドリックスからバックマウントを奪う。ヘンドリックスが立ち上がると、自ら足をつけて打撃の間合いをとったコンディットが、前蹴りを打ち込む。一瞬、動きが止ったヘンドリックスだが、ここでもテイクダウンを決めてラウンドを締めた。

2Rも左を振るって攻勢に出るヘンドリックス、対してコンディットは跳びヒザから右ハイでリズムを乱そうとする。左ボディに体がのけ反るコンディットは、簡単にダブルレッグの餌食になってしまう。立ち上がったコンディット、前蹴りを左右で繰り出すが、左フックとアッパーでケージ際まで後退。またもダブルレッグにしてやられる。懸命に立ち上がり続けるコンディットは、右ヒザを2発、さらにボディを見せる。

ヘンドリックスは左で反撃に出て、飛びヒザにテイクダウンを合せてトップを奪取。コンディットはハーフから背中を預けて立ち上がると、左から右を伸ばす。左の前蹴りを蹴り込んだコンディット。しかし、直後にテイクダウンを奪われてしまう。コンディットはスイッチから頭を押してスタンドに戻るが、このラウンドもヘンドリックスのモノとなった。

最終回、右ハイのコンディットはヘンドリックスの左を右回りで避ける。さらに蹴りを見せるも、ヘンドリックスが組みつく。スイッチとキムラで抵抗したコンディットだったが、しっかりと腰をコントロールされ背中をマットにつける。頭を押してエルボーをこすり付けるコンディットは、ガードからパンチを入れていく。さらにキムラを仕掛けたコンディット、腰をコントロールされるとスッと立ち上がる。

ワンツー、アッパーを見せるコンディット。ヘンドリックスは右ハイに組みついて、バックへ。ドライブから正面を向き、引っこ抜くようにテイクダウンに成功する。残り100秒、両者はスタンドに戻るとコンディットの右がヒット。すかさず組みつくヘンドリックスだが、コンディットがスプロール。それでも組みつき直しテイクダウンを奪取したヘンドリックスの顔面が流血で赤く染まっている。

立ち上がったコンディットのパンチに動きが止るヘンドリックスだが、ここでもテイクダウンを決める。後方回転から立ち上がり、最後まで打撃で攻める姿勢を見せたコンディットだったが、最後までテイクダウンで強さを見せたヘンドリックスが3-0の判定勝ちを収めた。そして、メインで戦うGSPに改めて挑戦表明をした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie