この星の格闘技を追いかける

【UFN71】試合後に負傷を明らかにしたガンバーリャンがヨルゲンセンから快勝

<バンタム級/5分3R>
マニー・ガンバーリャン(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
スコット・ヨルゲンセン(米国)

ガンバーリャンの最初のテイクダウン狙いを切ったヨルゲンセンは、右フックを受けた直後にダブルレッグで大きく抱え上げてテイクダウン。ガンバーリャンが同時にギロチンを仕掛けるも、ヨルゲンセンはフリップして頭を引き抜く。がぶってバック狙いのヨルゲンセンを崩したガンバーリャンがトップを奪取、序盤からノンストップアクションに。ケージ際でバックを取ったガンバーリャンに対し、ヨルゲンセンは胸を合わせてヒザ蹴りを見せる。これが急所に入り、試合は一時中断。

同じポジションで再開後、ガンバーリャンがダブルレッグで肩に抱え上げスラム、そのままバックを窺いクルスフィックも、腕を抜いたヨルゲンセンが逆にトップを奪う。グラウンドのガンバーリャンに左右のフックを入れながら立ち上がったヨルゲンセンが、さらにヒザ蹴りにつなげる。しかし、ガンバーリャンが右フックを打ち込みダウンを奪うと、パウンドを続けながらバックを取ってバックスープレックスへ。胸を合わせてケージにガンバーリャンを押し込んだヨルゲンセン、ここで一旦距離を取り直す。最後の1分は単発で思い切りパンチを振るう展開に終始した。

2R、間合いの測り合いのなかでガンバーリャンが見せたローがヨルゲンセンの急所を直撃し、2度目の中断に。再開後、互いに右を打ち合いガンバーリャンがシングルレッグを仕掛ける。足を引き抜いたヨルゲンセンが右ミドルを蹴り込み、組みに行くとガンバーリャンがギロチンへ。体を捩じって頭を抜いたヨルゲンセンはがぶってヒザを頭部に入れる。胸を合わせた両者、ガンバーリャンもボディに右ヒザを返し、右フックを振るっていく。

残り2分、ダブルを切ったヨルゲンセンだが、ケージ際にシングルに切り替えら尻餅をつく。右腕を差した立ち上がったヨルゲンセンがバックを窺うも、胸を合わせたガンバーリャンが立ち上がる。ケージ際で体を入れ替える両者、試合は最終回へ。

ガンバーリャンが左ミドル、ヨルゲンセンは右ローを見せる。ガンバーリャンも右ローを2連敗で蹴り込むと、左のローとミドルへ。ヨルゲンセンは右ストレート、左ボディフックを決める。単発ながら左フックもヒットさせたガンバーリャンは残り2分を切ってダブルレッグも、簡単に切られる。ヨルゲンセンも右を伸ばす。両者、打撃戦のなかで明確な攻勢点を取れない極円で、ガンバーリャンの右ストレートが決まる。直後にガンバーリャンが組んでケージ際へ。最後の10秒までこの展開が続き、ガンバーリャンがフルマークで判定勝ちを手に腰に負傷があったことを明らかにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie