この星の格闘技を追いかける

【UFN71】ケビン・ケイシーが攻めてこないアルカンタラ相手に黙々と戦い判定勝ち

<ミドル級/5分3R>
ケビン・ケイシー(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
イルデマウ・アルカンタラ(ブラジル)

サウスポーの構えから左ストレートを伸ばすケイシー。アルカンタラも右を見せるが、ケイシーが左右のロングフックを振るいながら前に出ていく。続いて右ジャブから低い構えで左フックを打ち込んだケイシーに対し、アルカンタラは右ミドルで突進を止めようとする。直後にテイクダウンを狙い突っ込みながら、姿勢を乱して背中を自らマットにつけてしまったケイシーからアルカンタラがマウント、さらにバックマウントを奪う。

すぐに胸を合わせてトップを取ったケイシーはケージに押し込んでパウンドを落としていく。続いて担ぎパスを仕掛けたケイシー、アルカンタラは一旦ハーフを許すが足を戻す。パンチを落とされるアルカンタラは三角狙いへ。ケイシーはこれを担いでパスへ。背中を預けたアルカンタラに後方からゴツゴツとしたパンチを入れる。胸を押してアルカンタラの背中をマットにつけさせたケイシーがトップをキープし初回を取った。

2R、飛び上がるように左から右を繰り出すケイシー。アルカンタラはプレッシャーに圧され回る場面が多い。リーチが長くても踏み込めないアルカンタラのパンチは当たらない。ならばとケイシーの前進に左ヒザを合わせようとしたが、これもタイミングがずれる。ケイシーも手数が少なく、静かなラウンドに。それでも残り40秒で右フックを入れたケイシーが、続く左ストレートを打ち込むと、そのままケージまでアルカンタラを押し込みでダウンを奪う。ケイシーがケージ際でエルボーを入れながら、この回もモノにした。

最終回、疲れが目立つ両者、ペースは上がらない。アルカンタラは左ヒザのカウンターを狙い、ケイシーは右フックをヒット。さらに左ボディフックを入れたケイシーは、無理のない攻撃姿勢を取っているという感じか。倒すしかないアルカンタラが攻めないため、試合は淡々と進む。と、残り2分でケイシーの前進にアルカンタラのヒザのタイミングが合い、頭に一発入れる。しかし、大勢は変わらずケイシーは組んでテイクダウンを狙う。これを切ったアルカンタラだが、残り10秒で小外掛けによってテイクダウンを許し万事休す。フルマークで判定勝ちを収めたケイシーはグレイシーファミリーに感謝の言葉を送った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie