この星の格闘技を追いかける

【UFC189】冴え渡るスクラブルとサブミッションのコンビ。スモルカ快勝

<フライ級/5分3R>
ルイス・スモルカ(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ニール・シーリー(アイルランド)

アイルランド勢で最初の登場となったシーリーが大きな声援が集まる。スモルカの首相撲を右フックの連打で振りほどき、右フックでダウンを奪ったシーリー。鉄槌からバック狙いもスクランブルに優れたスモルカが前方に振り落しトップを奪取する。シーリーはギロチンから腕十字、これを立ち上がってスラム気味に落として外したスモルカが逆にギロチンへ。しばらく締めた後に技を解き、シーリーが起き上がってくるのに合わせダースチョークへ。そのままマウントを奪うと絞めを外してパンチに移行。最後はバックマウントに取ったスモルカが、終盤の攻勢でラウンドを取ったか。

2R、右フックから左ボディ、引き続きフック系のパンチを見せるシーリーの打撃を嫌がったか、スモルカは首投げへ。シーリーが潰してバックに回ろうとすると、ここからスモルカが巧さを発揮。すぐにスクランブルに持ち込み、足に組みついてトップを奪取する。シーリーの腕十字を防いでバックに回ったスモルカが両足をフック。暴れるシーリーの動きに合わせて、スモルカは足を解きながらもRNC狙いとコンビネーションで優勢を維持。後方へのパンチこそ入れるものの、シーリーはポジションを返せないまま立ち上がる。レッグスプリットからレッグドラッグでパスを決めたスモルカが、しっかりとラウンドを取った。

最終回、パンチもローを大きくなったシーリーに対し、スモルカが即テイクダウンを奪う。シーリーのオモプラッタをスモルカが防ぎ、試合はスタンドへ。首相撲からヒザを入れるスモルカ、シーリーはパンチを入れて外すとギロチンへ。スモルカは問題なくクリアして、パス狙いから肩固めへ。マウントへ移行したスモルカがシーリーの反応を待つかのようにバックマウントに移行する。大きく持ち上げてスラム、続くスラムにシーリーがギロチンを入れる。かなりタイトに見えるが、スモルカは左ヒザを腿に充ててルーズにすると、頭を抜いてバックに回りこむ。

シーリーが向きを変えたところで肩固めと優れたトランジッションを見せるスモルカは、このままタイムアップまで、その態勢を維持しフルマークの判定を勝ち取った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie